51inqa6j1wl

ラジオから聞こえる懐かしい声が、若いドイツ兵と盲目の少女の心をつなぐ。ピュリツァー賞受賞作。孤児院で幼い日を過ごし、ナチスドイツの技術兵となった少年。パリ... 続き

コメント

時間を忘れて読むほどに、物語の世界に入り込んだ。
「ラジオ。それは百万の耳をたったひとつの口に結びつける。」
心に残るのは街の模型と電波。ドイツの歴史が重い

その他のコメント

これは。またすごい物語に出会った。これはおすすめです。
主人公の父親が娘のために作った街の模型はきっとこの物語とそれをつむがれた言葉と同じくらい緻密で愛情に満ちていたのだろう。

読者

41b9e00a 068b 464c 83a6 777b6ab8d954D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98694daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b09fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1F80ec0c3 1a12 46e6 bbbc dafbc2a1f785C16ab514 e8b2 4bae 9fdd 09affeb3aee908046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 49人

アンソニー・ドーアの本

メモリー・ウォール

メモリー・ウォール

E14e616e d5d9 4a70 8191 aa8f51ff8751

Hayato Kumagai

「本はまなざし」 みすず書房がす…

記憶を巡る短篇集。個人的には、種屋の話がすきだった。 ダム開発の運命を辿り、誰も彼も去っていく郷里のなか、種屋は里の至るところに種を蒔く。全てが水に還る間際の、瑞々しい最後の光たち。 ダム開発で消えた、徳山村のことを思い出した。

約3年前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eFe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a5
シェル・コレクター

シェル・コレクター

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43

imau

@kyoto

静かで、美しい、野性のような短編集。新潮クレスト・ブックスはぜんぶ読みたくなるような、魅力的なタイトルとデザインばかり

3年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98695da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 13