51rzk5nls0l

「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う」。わたしは、人と言葉を交わしたりすることにさえ自信がもてない。誰もいない部屋で校正の仕事をする、そんな日... 続き

コメント

掴めないような、掴めなくていいような、なんだか地に足がつかない本。けれど それが心地よい。
読了2015/05/26

タイトルと装丁に惹かれてジャケ買い。川上さんの本は初めて読んだのだけど、時間がゆっくり流れていて言葉遣いがとてもきれいですきな小説。

"
言いたいことが言えず過ごしてきた人"と"思ったことを言い過ぎてしまう人"の相対的な部分を表すと共に、冬子の三束さんに対する少しずつ芽生える恋心に温かくなりました。

いつも夜にお店の前を通る小柄で白髪混じりの男性を見ると、私はこの本の三束さんを思い出す。

うとうともやもやはっきりしない、まどろみの中で見た夢のような本でした。

読み終わった後、
じんわりと余韻が広がって
少しだけ涙が出ました。
人が人に恋に落ちる気持ちそのものだ と思いました。
川上さんの言葉の表現が
丁寧で繊細で美しいです。

久しぶりの純文学。言葉の組み方や、漢字の開き方もクセが可愛くて素敵です。最後は少し寂しいだけど、ハッピーな百合エンディングとして受け取ってもいいと思うね。

冬子と同じように三束さんに恋をして、冬子と同じように胸が締めつけられて泣きました。
小説を読んでこんなに涙が出たことはなかったかも知れない。
美しい物語を読みました。
また冬子と三束さんに会うために、私はこの本を読むだろうと思いました。

ゆっくりと、けれど静かに激しい感情が流れていく。
会話は少ないけれど、あんなにも色濃く人物達の感情や考えを示した本ってなかなかない。
川上未映子の綺麗な言葉にも魅了されました。
ジャケ買いで久し振りに成功した本です…笑笑

ゆっくりと読み進めました。一言一言が繊細で、でも人の本質をつくような言葉がところどころあって、なぜか心があたたかくなる気持ちがした本でした。

冒頭の一文から惹きこまれました
豊かできれいな文章がすてき
こんなふうにことばを選んでみたい ✩

川上さんは「乳と卵」でファンになりました。この作品もとても独特の文体で、一度入り込むと人物たちの表情や心情が一気に流れ込んでくるようでした。

本屋さんで教えていただいたオススメの本。人との関わりを「楽」にしていようとも、三束さんとの繋がりを大切にしようとする主人公のその姿がまぶしい。何より風景描写が好きかもしれない。

飴細工のように繊細で今にも壊れそうな関係。
川上未映子さんの描く世界は、ひどく美しい。

2017.12.14
気がつけば人を好きになっていた。なぜ好きなのか自分でもよくわからない。説明できない事柄なんて山ほどある。

夜の美しさや、感情などいちいち表現がわかりやすく感じられた。普段思ってても言葉にできないものがここでは言語化されていて、自分と重なる部分が多くてとても読みやすかった。心踊るストーリーでした。

共感できる部分が多く何度もうなずきながら読んだ。
普通の恋愛とはこういうものだと思える。そんな普通の恋愛を光の物語のテイストで綺麗に綴られているところがとても良かった。

川上未映子さんはエッセイがとても好きで読んでいたけれど、この作品はただの恋愛小説ではなく、それがとてもよかった。

読者

Icon user placeholderE510cdd8 d2c6 42c0 bed2 067a725e728770823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76E33033b8 a96e 40e4 8beb 8087eaaed0a46c1f5afe e15e 4103 b5e0 35c53a93d71807895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d33616ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4da 169人

川上未映子の本

マリーの愛の証明

マリーの愛の証明

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

“少女たちは歩みつづけた。 自分にしかわからない話をしながら、 それでも誰かとわかりあえることを夢見ながら。” 生きるってそういうことな気がした。 わかったり、わからなかったりしながらただ進むこと。大人になっても減らないわからないことの多さに、滅入りながら。 2018.9

約1か月前

きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

笑いあり、涙あり、つらさあり、痛みあり…。 もう何でもありました。 川上未映子さんの語り口調のおかげか、読んでてこっちまで辛くなる!なんて思いつめたりはしなかったけれど、この体験は壮絶だな…母親って偉大だなあと感じさせてくれる本でした。 川上未映子さんの「妊娠→出産→子供の一歳記念」までが語られているのですが、どうしたってうまくいかない様子が読んでいても伝わって、自分の体から他人(赤ちゃん)を産むのって本当すごいことだなぁと思います。 特に、旦那であるあべちゃんにはイライラしてしまうことの連続みたいでしたが、そのイライラすらも少し客観的な立場で分析出来ているのが、さすが作家さんだと驚きました。そういう意味では、「あ、私のこの感情ってこういう理由なんだ!」と同じ状況にある方はほっと安心するかもしれないし、あるいは「あ、あの時のってこういうことだったんだ!」とストンと腑に落ちるって方もいるかもしれないです。 エッセイってだけでなく、この本を読んで「私だけじゃなかった」と孤独から救われるお母さんは実は多いんじゃないかなぁと感じました。 男性・女性とか、妊娠・出産の経験の有無に関わらず、いろんな人に読んでほしいなぁと思う内容です。きっと、「自分はこんな風に大切にされて生まれてきたのかな」とか「あ、これわかる〜」とか、何かしら自分の中で「妊娠・出産・育児」に対する考えや感じ方が変わるんじゃないかなと思います。

3か月前

E6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8B85470f5 26e2 4014 bda3 f5a78ca2f89456c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16f 29
シャンデリア

シャンデリア

F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed

おおたか

ことばなんて真実から遠い

‪生きてることとか、お金とか、他人とかすべてが曖昧になってデパートにつるされたシャンデリアがいま落ちてきて死にたい気持ちとか‬ ‪キラキラとどす黒いのが同じな感じ‬

10か月前

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86