51swoxw91fl

生きていることが奇跡のように思えてくる、天使が舞い降りてくる-23歳で夭逝した作家・松田瓊子の『サフランの歌』をはじめ、単行本未収録の小説、日記、短歌、エ... 続き

コメント

日本にも、戦前まではこんな「良識ある両親に育まれ、クリスチャンとしての信仰を守り、純粋で無垢で可憐なお嬢さん」が本当にいたんだなぁ…
今はもう、絶滅してしまった、そんな「お嬢さん」の描く、可憐で繊細で美しい物語。
美智子妃殿下が作者の愛読者だったのも頷ける。
ただ、作中で、19歳の自分を「こども」と自称するのはどうなんだろ?昔はもっと早熟だったのでは(女学校卒業してすぐ嫁ぐとかありふれた話だったみたいだし)?今の19歳の女の子でも自分を「こども」とは言わない気がする…ちょっと違和感。

読者

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dD2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

文芸

氷獄

氷獄

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

海堂尊の頭の回転についていくのが大変だ。 天意が2011.3とは、医療に携わる者らしからぬことだ。

約3時間前

雨の日も、晴れ男

雨の日も、晴れ男

75e05375 99d6 43a8 9717 6f92deb748ac

matsu

生きてるうちにどれだけの本が読め…

友人から誕生日に貰った本です。 捉え方一つで物事は大きく変わる。 どう乗り越えるか、どう切り替えるか。 教えられることが多かったです。 ありがとう。

約20時間前

Icon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e22a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c 15
銀座の紙ひこうき

銀座の紙ひこうき

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e

たつや

好きな言葉

別の職業になりたかった新入生サラリーマン。仕事を覚え、中学校から好き好きだった子に再会したり、しながらなりたい自分に近づけるのか。

1日前