51swoxw91fl

生きていることが奇跡のように思えてくる、天使が舞い降りてくる-23歳で夭逝した作家・松田瓊子の『サフランの歌』をはじめ、単行本未収録の小説、日記、短歌、エ... 続き

コメント

日本にも、戦前まではこんな「良識ある両親に育まれ、クリスチャンとしての信仰を守り、純粋で無垢で可憐なお嬢さん」が本当にいたんだなぁ…
今はもう、絶滅してしまった、そんな「お嬢さん」の描く、可憐で繊細で美しい物語。
美智子妃殿下が作者の愛読者だったのも頷ける。
ただ、作中で、19歳の自分を「こども」と自称するのはどうなんだろ?昔はもっと早熟だったのでは(女学校卒業してすぐ嫁ぐとかありふれた話だったみたいだし)?今の19歳の女の子でも自分を「こども」とは言わない気がする…ちょっと違和感。

読者

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dD2753c7a 86bb 4be1 817f dc13905388de

文芸

海が見える家

海が見える家

531459ff 570c 4dec b1f6 bc840f7e5c82

iguana

神奈川県横浜市在住、北海道生まれ…

2019/9/16 74歳で死んだ父を思い出す。人生の幸せ、この歳になって、じっくり振り返るのもいいかと思う。

3日前

Icon user placeholderDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb