51tyk5qapwl

コメント

本当の親でも虐待を受けるかもしれない、つながりを感じられないかもしれない一方で、本当の親じゃなくてもつながりを感じられるかもしれない。
家族ってなんだろう?帰属意識や、安心感が感じられれば血の繋がりは、いらないのか?
映画の万引き家族と同じ余韻を残す。血の繋がった家族絶対主義が薄まれば、生きやすくなる人達がたくさんいるのだろうか?

☆5つ。「幸福な食卓」パターンだったらどうしようかと不安になりつつ、この終わり方で良かった良かった。いかにも入試問題素材になりそうだなあ。

家族の大切さ、友達の大切さ、そんな部分を感じさせてくれた作品。主人公の優子は何度も親が変わっている。でも、決して不幸ではないのでないのである。血の繋がりだけが家族ではない。愛情があれば家族になれる。将来はここまでの愛情を注いでいける親でありたいと思えた。

妊娠中に読んだこともあり、とても心に心に響く小説でした。

家族とは何だろうか。
そんなことを考えさせられる作品。
とても読みやすく、物語も子供を残して親が代わっていくという特殊な環境を描いていてハラハラさせられたり、とにかく未成年の子供なので心配になりながら、隣の部屋から覗き見る気持ちでした。
家族というものはみんなわかる環境。
裕福、貧乏あると思うけど自分の親と比べながら過去をなぞるように読んだ。
最後は泣けると思います。泣けます。
名著!

最後の数ページで泣いてしまいました。特別なことは起きないのですが、読み終わった後ほっこりします。
主人公は一緒に住む大人が度々代わり、親が何人もいるのですが....

少女漫画よりな気がしました、すみません

率直な感想として「優しすぎる世界」と思った。

事情により親が何度も変わる事になった主人公。時折、去ってしまった人達のことを思って切なくなっても、怒りも不満もなく親達に感謝している。
そして歴代の親達も、少しも血の繋がりのない主人公を実の娘のように愛している。
理不尽や不幸な目にあっても、世の中に恨みを持つわけでもなく、いつも美味しそうにご飯を食べている。
健全で、優しすぎて、眩しすぎる。

血の繋がりでない繋がり。こんな現代的な関係でありえるかな、、、

森宮さんと優子ちゃんの関係は奇妙だけど、お互いに受け入れ合うことができたのは、森宮さんの覚悟が揺るがなかったからだろう。最後にその覚悟がとても良い結末を迎えさせてくれた。とても面白かった。

「血が繋がらなくても親だよ=無償の愛]綺麗事だけどそれを語る本だと思っているのですけれど。。。
実父悲し過ぎるでしょう。考えすぎかなぁ。
素直に良かったねって思えばいいのかなぁ。

読者

E2656483 022f 4cf7 829b ebd58d7e3c8fIcon user placeholder74713532 f378 48fa b6b6 f66d9ea6c834C344c15a b034 4073 8d54 b8f1eae8716eB4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1Icon user placeholder22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6 141人

瀬尾まいこの本

傑作はまだ

傑作はまだ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

毎日は、小説のように起承転結ではない。 だけど、素敵なお話だ。 愉快でいい人達のお話。日常だって善意は溢れてる。

約1か月前

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b143817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa8B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f935 12
春、戻る

春、戻る

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

結婚を間近に控えたある日、突然兄と名乗る青年が主人公さくらの前に現れる。兄がいるとは初耳だし、何より自分より一回りは下に見える青年はいったい誰なのか…? マイペースで少々押し付けがましく騒々しいその兄と名乗る青年を訝しみつつ読み進めていくのだが、物語は淡々とした日常の中に大らかに展開していきます。 深く傷ついた時には見えなかったものが今なら見えるということがある。 優しくてホッとするお話です。

5か月前

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f52b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b 17