51tyk5qapwl

コメント

その他のコメント

本当の親でも虐待を受けるかもしれない、つながりを感じられないかもしれない一方で、本当の親じゃなくてもつながりを感じられるかもしれない。
家族ってなんだろう?帰属意識や、安心感が感じられれば血の繋がりは、いらないのか?
映画の万引き家族と同じ余韻を残す。血の繋がった家族絶対主義が薄まれば、生きやすくなる人達がたくさんいるのだろうか?

☆5つ。「幸福な食卓」パターンだったらどうしようかと不安になりつつ、この終わり方で良かった良かった。いかにも入試問題素材になりそうだなあ。

読者

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd60402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a002af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb842a79741 e586 420f a17a db0551af35f573c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb8374274fa320d d3c1 4864 a4b0 5a3fe5043fbe 136人

瀬尾まいこの本

傑作はまだ

傑作はまだ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

毎日は、小説のように起承転結ではない。 だけど、素敵なお話だ。 愉快でいい人達のお話。日常だって善意は溢れてる。

26日前

43817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa8B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f935E9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11e 11
春、戻る

春、戻る

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

結婚を間近に控えたある日、突然兄と名乗る青年が主人公さくらの前に現れる。兄がいるとは初耳だし、何より自分より一回りは下に見える青年はいったい誰なのか…? マイペースで少々押し付けがましく騒々しいその兄と名乗る青年を訝しみつつ読み進めていくのだが、物語は淡々とした日常の中に大らかに展開していきます。 深く傷ついた時には見えなかったものが今なら見えるということがある。 優しくてホッとするお話です。

5か月前

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f52b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b 17