51trq1z94ql

コメント

けっこうと評価された国産ハードボイルドだけどなぜか縁がなくて。最近久しぶりに新作出されて話題になっていたのでまずデビュー作から読んでみようということで。チャンドラーにハマって自分もミステリを書いたということだけど確かにプロットがちゃんとしたチャンドラーといった趣(笑)
なんとなく昔の清水俊二さんが訳していたころのマーロウものを彷彿とさせられた。今さらあらすじでもないだろうから書かないけど...政治やら大金持ち一族なんかがからんできて筋書きがこみいってしまいラストがバタバタした感じはあるもののかなり面白いシリーズと分かった。二作目以降も読んでみようと思います。

その他のコメント

自分がまだハードボイルドを読み始める前に刊行された作品。作者の新作が今回「このミス」を受賞されたので、シリーズを最初から読んでみました。30年ほど前のお話なので、携帯がなかったり、電車が国鉄だったり、随分と世の中は変わったと感じさせられました。
各章の最後に気の利いた言い回しがあって、とても楽しめた作品でした。ぜひ続きも読もうと思います。

読者

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholderIcon user placeholder4937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb97a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c 7人

原りょうの本