41m66vzp1kl

携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。ならば、そんな素晴らしくない日... 続き

コメント

すごくすごくずぅずぅしいけど、星野源となら友達になれる気がする。

くだらなくも、思考が面白い。ますます好きになりますわ。

くだらない笑える感じで書いてるけど心の闇とか辛い過去が垣間見えます。本を読んでから唄を聴くとまた違う風に聴こえます。

星野源の文才、自分が分かっていて、人に伝えたいように伝える、しかもあたたかさをまとって、という点ですばらしい!くだらないの中に、な本。

この本を読んで星野源さんに愛着が湧きました。
文書や考え方もユーモアがあって素直に面白い。哲学的な事を言っているのにオチは笑ってしまったり。この本に星野さんそのもの、がまるごと詰まっている感じ。

エッセイを読むとますます著者を好きになるか、ならないか、のどちらか。前者です。ダハッ!と思わず笑ってしまう。次のエッセイ出たらまた読みますよ。

見習いたい。
流れていってしまう生活をどう楽しむかで人生の豊かさは変るんだろうなあ、と思った。
星野源がますます好きになる本。

芸能界で仕事をしている人は違う世界の人だと思っていました。
でも当たり前の話なんだけど、一緒の人間なんだなって。
一気に読破してしまいました。

2016年、更にその才能を世間に披瀝した星野源の、唄や演技からは見透かせない人間らしさが垣間見える一作です。短く、読みやすい本なので、1日30分1週間読めば読み切れます。

暗い過去を明るく照らし、自らの内側をユーモラスに見つめる姿勢が、皆んなから愛される役者、歌手としての星野源さんの源なんだろうなぁ、と感じさせられました。

みんなに愛されてる理由が分かるわー
蘇る変態も読もうっと

めちゃくちゃ共感できるのに
振り切った思考に才能の差を感じる。

自分のことのような、友達に一人はいそうな、そんな身近なエッセイ集。

久しぶりにエッセイを読む。
オートレースがいきなり出てきて驚く。星野源のうちの野菜をうちの父も食べてたのかなーと勝手に繋がりを感じる。

あはは。うふふ。がはは。的な本。星野源さんて魅力的。

読者

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4Cb6d2117 b602 4d7b a460 1c32617d95ceEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a096e600628 6069 4671 8d97 275ffb9f998fBa706546 71cd 4fb6 b8b9 81c79853f1705b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88 145人

星野源の本

いのちの車窓から

いのちの車窓から

A60c531f f8ad 4eb1 a5c5 ccaac1586fc8

アオイ

キャッチャーに憧れる人です

一言で言えば、素直。二言で言えば、真摯。素敵な一人の男性の、素敵に素直なテキストが集められた一冊。

1年前

65ca2451 a67f 49f4 a312 77de792d6c1e5b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001Icon user placeholder 76
働く男

働く男

3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b

takeshi

ウクレレ、NY、ハワイ、北欧、カ…

文章がリズミカルで痛いところを突きつつ笑えていい本です。星野源、笑顔もかわいい。

約2年前

Ed2c5066 c7c1 4cdf b83d d5067ee9a8d2Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 86