41m66vzp1kl

携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。ならば、そんな素晴らしくない日... 続き

コメント

久しぶりにエッセイを読む。
オートレースがいきなり出てきて驚く。星野源のうちの野菜をうちの父も食べてたのかなーと勝手に繋がりを感じる。

その他のコメント

すごくすごくずぅずぅしいけど、星野源となら友達になれる気がする。

くだらなくも、思考が面白い。ますます好きになりますわ。

読者

A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749A118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c87553a24 2a2b 413b b90a 4bfe1ec5e1c281ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c887c8b06b c0fc 4359 8e07 d89bb8c7d1faIcon user placeholderBe919737 6a37 4b8d 82fd 881383ff06e655340959 53c0 4fb5 a306 e49c9f3e0755 179人

星野源の本

いのちの車窓から

いのちの車窓から

A60c531f f8ad 4eb1 a5c5 ccaac1586fc8

アオイ

キャッチャーに憧れる人です

一言で言えば、素直。二言で言えば、真摯。素敵な一人の男性の、素敵に素直なテキストが集められた一冊。

2年前

150ae69f 9932 48d0 9b6c 54d2f890d5216c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016 118
働く男

働く男

3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b

takeshi

ウクレレ、NY、ハワイ、北欧、カ…

文章がリズミカルで痛いところを突きつつ笑えていい本です。星野源、笑顔もかわいい。

約3年前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917796c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9A43db34a d0cd 4e7b 9333 dc8c47ce9bd0 100