41m66vzp1kl

携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。ならば、そんな素晴らしくない日... 続き

コメント

くだらなくて声出して笑っちゃう。さくらももこのエッセイみたいと感じたー。

その他のコメント

すごくすごくずぅずぅしいけど、星野源となら友達になれる気がする。

くだらなくも、思考が面白い。ますます好きになりますわ。

読者

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4Cb6d2117 b602 4d7b a460 1c32617d95ceEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a096e600628 6069 4671 8d97 275ffb9f998fBa706546 71cd 4fb6 b8b9 81c79853f1705b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88 145人

星野源の本

いのちの車窓から

いのちの車窓から

A60c531f f8ad 4eb1 a5c5 ccaac1586fc8

アオイ

キャッチャーに憧れる人です

一言で言えば、素直。二言で言えば、真摯。素敵な一人の男性の、素敵に素直なテキストが集められた一冊。

1年前

65ca2451 a67f 49f4 a312 77de792d6c1e5b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001Icon user placeholder 76
働く男

働く男

3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b

takeshi

ウクレレ、NY、ハワイ、北欧、カ…

文章がリズミカルで痛いところを突きつつ笑えていい本です。星野源、笑顔もかわいい。

約2年前

Ed2c5066 c7c1 4cdf b83d d5067ee9a8d2Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 86