41m66vzp1kl

携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。ならば、そんな素晴らしくない日... 続き

コメント

軽く書かれてて読みやすいし、くすりとできたり、共感できる部分もあったりと面白い

その他のコメント

すごくすごくずぅずぅしいけど、星野源となら友達になれる気がする。

くだらなくも、思考が面白い。ますます好きになりますわ。

読者

839e57e5 aa42 47e2 ae83 88420cde0b1b43e1b1d6 ce1f 4c86 8405 2f01917e44ff8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda642fdd78d3 53df 4164 867e 80da2428c7f9F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b056758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c0fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac43251D7d91b99 7cd9 4f9b 8d7e 184545b18de1 156人

星野源の本

いのちの車窓から

いのちの車窓から

A60c531f f8ad 4eb1 a5c5 ccaac1586fc8

アオイ

キャッチャーに憧れる人です

一言で言えば、素直。二言で言えば、真摯。素敵な一人の男性の、素敵に素直なテキストが集められた一冊。

1年前

E0cf0c8e 32da 4b87 8e0d d9e9b8b5a412F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca43e1b1d6 ce1f 4c86 8405 2f01917e44ff 91
働く男

働く男

3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b

takeshi

ウクレレ、NY、ハワイ、北欧、カ…

文章がリズミカルで痛いところを突きつつ笑えていい本です。星野源、笑顔もかわいい。

約2年前

F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca43e1b1d6 ce1f 4c86 8405 2f01917e44ff49dff1b6 4b02 4925 bda0 8cd014519c60 96