51qruazvizl

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪... 続き

コメント

名前は知っているけど、読んだことない方が多いんじゃないかなと思います。
誰もが思いつかなかった可能性をついてきたクリスティ、すごいの一言。
特にラスト一章は面白すぎるので一気に読むことをおすすめします。
結末を知って読み直すとまた面白そうです。
これが初クリスティなのでぜひ他の作品も読んでみようと思いました。

読み始めの登場人物の名前含め人物像が掴めず何度か読み返したけれど、読み進めるうちに島の情景や人物像が勝手にイメージされて引き込まれていった。

一気に読みました。そして誰もいなくなった!

聞いたことはあるけど、読んだことがなかった本。いつの間にかみんな死んでる

30年以上昔、中学生だった僕は当時好きだったアニメ番組がパロディにしたことをキッカケにこの本を手に取った。ミステリー、しかも海外物なんて読んだこともなかった僕は、その後、クリスティに夢中になり彼女の小説を読み漁るようになった。初めて読んだ時の結末の衝撃は今でも忘れられない。

たまには古典的なものも手を出すかと読んだ一冊。注意深く…注意深く…

毎回インディアンの歌のページに戻って読みましたw人形が1体ずつ減っていく恐怖を駆り立てる表現が面白かったと思います。犯人はなんとなくわかりましたが面白かったです!

マザーグースの唄から一人づつ殺されていく。
クリスティは、ここから入ったんですが、2〜3冊読んだかな?そこで途絶えてしまいました。
こういう話が書けるのに、何で「アクロイド殺し」が、あんな結末にしたんだろう?

名作中の名作。
遠い昔まだ10代の頃に読んだのだけど、この作品の衝撃を超えるミステリーにはまだ出会えてない気がする。
この作品の中に登場するトリックやインディアンの唄・人形などのモチーフは今でもたくさんのミステリーのベースとして使われていたりするのでぜひ読んでみて欲しい一冊。
この本を知っているとよりミステリーが楽しめると思います。

多作のクリスティですが、その中の代表作に数えて間違いない傑作です。
この本に明らかに影響を受けている作品が今もってなお多いため、ミステリー好きなら是非手に取ってもらいたい一冊。
残り二人になってからの疑心暗鬼、そして結末。
ポアロもミス・マープルも出て来ないため彼らが醸し出す和やかな雰囲気は全編通してありませんが、それがまたこの作品を引き締めています。

新しいのよりこのシリーズの装丁が好きでした。最後の作品カーテンだけはまだ読まずに取ってある。

昨日テレビでクリスティーの
特集をやってて、その中で
この本の話をしてるのを聴い
てまた読みたくなり購入。
大昔読んだ本とは訳者が違う
みたい。

20170205

隙間時間に読み進めていた一冊。
…もう一度一気に読みたい!
コロコロと視点が変わっていくので、丁寧に読まないと置いていかれます。
これがミステリーか…!1人1人消え、そして誰もいなくなった

特急での長距離移動中に読もうと思って買いました。
ラストは一気読み必至です!結末がわかった上でもう一度読み直したい。

連続2夜ドラマを観たのをきっかけに読んでみた。
綿密に、じっとりと襲ってくる恐怖。ミステリでありサスペンスでありホラーでもある。最後の2人になってからのヒリヒリと焼け付くような焦燥。見事としかいえない。
最初からの興味は、最後の1人はどうやっていなくなるんだろう、というところ。相打ち?他殺?それとも自殺?想像していたよりずっと複雑な結末。
ドラマでトリックは全部知っていたので、そういう意味でミステリを楽しんだわけではないけれど、トリックを知っていても十二分に楽しめる作品。
さすが、アガサ・クリスティー。

ふだんミステリー読まないのに表紙買いしてしまって「古典ミステリーって退屈そう・・・」と思いつつ読み始めましたが、すごく面白かったです!
半分くらい読んだのに2人しか死んでなくて大丈夫か?って思ってたのに本当に全員いなくなったし、最後にはちゃんと犯人が出てくるし、名作ってすごい。
疑心暗鬼になったときのドロドロ状態が一番怖かったです。

やっと読んだ。クローズドサークルの見立て殺人モノってやっぱりいいよね。

読み始めは登場人物の誰が誰かわからなくて混乱したけど、どんどんハマってあっという間に読み終わった!

最初に読んだ時のひやりとした感じが印象に残っている。

読者

Ed2c5066 c7c1 4cdf b83d d5067ee9a8d2C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc1320fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e8239b783b16 183f 404e b5dd 9803e5824133541b0ffa 027a 4180 9a4d 9a92a75e982bFaf14b11 b8ee 46f0 806e 2837316c0b437488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb75979b9d 65f7 4445 a7b4 41fb5e93f4c8 75人

アガサ・クリスティーの本

ゼロ時間へ

ゼロ時間へ

0b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944

massassi

ジャンル問わず何でも読みたい

ゼロ時間とは殺人事件が起きる時の事。事件が起きる前から始まり、解決までのストーリー。事件前の話に張られた伏線がきれいに回収されて気持ちいい。長さもちょうどよくて、小説を一気に読んだのは久しぶりだった。

約1か月前