51qruazvizl

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪... 続き

コメント

ふだんミステリー読まないのに表紙買いしてしまって「古典ミステリーって退屈そう・・・」と思いつつ読み始めましたが、すごく面白かったです!
半分くらい読んだのに2人しか死んでなくて大丈夫か?って思ってたのに本当に全員いなくなったし、最後にはちゃんと犯人が出てくるし、名作ってすごい。
疑心暗鬼になったときのドロドロ状態が一番怖かったです。

その他のコメント

名前は知っているけど、読んだことない方が多いんじゃないかなと思います。
誰もが思いつかなかった可能性をついてきたクリスティ、すごいの一言。
特にラスト一章は面白すぎるので一気に読むことをおすすめします。
結末を知って読み直すとまた面白そうです。
これが初クリスティなのでぜひ他の作品も読んでみようと思いました。

読み始めの登場人物の名前含め人物像が掴めず何度か読み返したけれど、読み進めるうちに島の情景や人物像が勝手にイメージされて引き込まれていった。

一気に読みました。そして誰もいなくなった!

読者

D41d5f4b 6558 4dff 8402 59615efef304Cbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf1Icon user placeholder3e378c1c 2d20 4c3c bb84 03579ca1ddfbCe5d21cd cf6d 4b88 a74c 3aa3aa94721f22a5fbb8 cfa8 4dc2 966a e54156f76e4aD4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9063b1631 ea21 40b4 af96 a7ad390ccf1b 82人

アガサ・クリスティーの本

ゼロ時間へ

ゼロ時間へ

0b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944

massassi

ジャンル問わず何でも読みたい

ゼロ時間とは殺人事件が起きる時の事。事件が起きる前から始まり、解決までのストーリー。事件前の話に張られた伏線がきれいに回収されて気持ちいい。長さもちょうどよくて、小説を一気に読んだのは久しぶりだった。

3か月前