51qruazvizl

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪... 続き

コメント

ちょうど日本の島旅へ、初めましての人たちと行く時に、これを持って行きました。笑
現実の旅は実に朗らかな楽しき旅になったのですが、この本の中では、1人また1人と死んでゆく。最後まで、誰が犯人だったのか分からない。兵隊が減っていることから、だれかが犯人であろうと思っていたんですが。密室ならぬ、密島。島から出れない。ワケありの参加者たち。精神的におかしくなるのもしょうがない。人は、脆く、自己中心的であると思わざるおえない。読後感は、爽やかではない。でも、このストーリーを考えたアガサクリスティーはやっぱりすごいし、面白い。日本で言うなら宮部みゆき的?と思ったのは私だけだろうか。

その他のコメント

名前は知っているけど、読んだことない方が多いんじゃないかなと思います。
誰もが思いつかなかった可能性をついてきたクリスティ、すごいの一言。
特にラスト一章は面白すぎるので一気に読むことをおすすめします。
結末を知って読み直すとまた面白そうです。
これが初クリスティなのでぜひ他の作品も読んでみようと思いました。

読み始めの登場人物の名前含め人物像が掴めず何度か読み返したけれど、読み進めるうちに島の情景や人物像が勝手にイメージされて引き込まれていった。

一気に読みました。そして誰もいなくなった!

読者

5f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793f0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43fBd96e0f1 5f33 4333 a174 066b283ea99d406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e978e9a484f 7cf0 4495 abb4 e2a1b9b4490b0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162e930a554a 2042 4df5 aa48 a83aea322d67A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656 141人

アガサ・クリスティーの本

ゼロ時間へ

ゼロ時間へ

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、…

「どれもこれも出発点がまちがっている!必ず殺人が起きたところから始まる。しかし、殺人は結果なのだ。物語はそのはるか以前から始まっている」 登場人物のエピソードがまるで推理小説とは関係ないところから始まり、中盤で起こる事件。 人物の性格や、人の心理を巧みに描写しているところが面白かった

8日前

75979b9d 65f7 4445 a7b4 41fb5e93f4c80b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944
ねじれた家

ねじれた家

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

推理研究会入会を機に、読書魂再燃…

2019 6月 映画公開に合わせて再読 クリスティ好きと言いながら、長年読んでなかったので内容すっかり忘れてました… 昔の英国の雰囲気を存分に味わいつつ、犯人は誰なのか…クリスティを読めば読むほど当たらないと思うのは私が愚図なんでしょうか? 映画は雰囲気を楽しめる点ではGoodですが ミステリ要素は薄かったです 星3.5かな 2018年の映画、オリエント急行殺人事件のポワロが走る衝撃に比べたら…原作に忠実です 映画は原作通りがいいとは思いませんがね

5か月前

56ef3346 c550 48a9 9928 ccf910b98251Icon user placeholderIcon user placeholder
動く指

動く指

62f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b4575

pam

面白いものを作りたい

火のないところに煙はたたず。 これを読んで本格的にクリスティーにはまった。

10か月前

F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7