61utwjnrkfl

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』ーーそれは日常の退屈と喜びを描いたノンフィクション漫画の白眉である。著者の清野は、あたたかい眼差しで我々の生活を見... 続き

コメント

「えーっ」と思う"おこだわり"から「わたしと同じ!!」と共感できる"おこだわり"まで、あらゆる角度から楽しませてくれる漫画です

いろんな「おこだわり」、一見マニアックだけど、よく考えてみたら自分にも一つはそんなふうにこだわってる物事ってある。みんなそれぞれのおこだわりで、人生を彩っている。

押切先生の漫画に頻繁に名前が出てくるのでここまで来たら、と試しに買ってみたら普通に楽しかった。
これに出てくる寝る男が2巻で出てくる寝ぬ男と分かり合い立場が逆転する様は全世界の道徳の教科書に載せた方が良い。

読者

03cce5dd c435 48a4 bafc cf986643d7791de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f96b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b5C48b73c6 3ba1 4f65 84cb 92303acae38298fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa68608886ac39 963c 4bdd 8271 632a2d718697 6人

清野とおるの本