515ee1pd%2b2l

「謎はすべて解けました。これは――奇蹟です。」 この傑作を読まずして、今年のミステリは語れない! かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った... 続き

コメント

目の前に示される可能性を論理的に否定していくことで事実を明らかにする、というミステリーの王道に属する一冊ではあるものの、昼と夜で同じ道でも景色が変わって見えるように、変化球とは少し違う、まさに「王道」を夜歩いた感じのする一冊です。

その他のコメント

すごく、すごく、すごく、「美しい」ミステリー作品でした。

新しいミステリ。
キャラが濃すぎてちょっとおなかいっぱい。
でもオチまですごく面白かった。

読者

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder56210284 c42b 444f a012 699dde075310F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5cD7f1f6a3 6e9f 4467 a349 c42e75626615B59507b3 370c 41f8 96b0 74ca60b1620232c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66Ad0fb00d ca5f 4af9 a16a 45c3e5afd181 13人

井上真偽の本

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a3

右原

フラフラと多ジャンル読み漁ってま…

「その可能性はすでに考えた。」 なんとも言えない世界観に惹き込まれて、ゆったりと読もうと思っていたのですが1時間ほどで読んでしまいました。 複雑なトリック、ラストの意外性。 読みおとしの無いように」。

8か月前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder56210284 c42b 444f a012 699dde075310 9
聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

婚礼の儀で行われた盃の回し飲み。参加者の中から飛び石で死者が出た。机上の空論の殴り合い。前巻より論理の理解が難しくなっているかも。続編ともなると、人物達もよりいとおしくなって来る。中国人美女達が苛烈。楽し過ぎて読み終わってしまうのが惜しい。

8か月前

C0419d0f 39a6 49ce aaa9 74a150714019Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf96242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa
探偵が早すぎる

探偵が早すぎる

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09

こんにャく

( ¨̮ )

キャラが良い 殺人が行われる前に、未然に防ぐっていうなかなかない展開が面白い トリックもレベルが高くて、それをどう回避していくのかワクワクする

12か月前