51jdeakbb6l

あなたの予想を全て裏切る究極のサスペンス!監禁され、死を目前にした女アレックス――彼女の心に秘められた壮絶な計画とは? 英米ミステリ界を戦慄させた驚愕と慟... 続き

コメント

翻訳であることを感じさせない文章で、読み出したら最後!次が気になって眠れません。
刺激的な描写もありますが、テンポの速さとユーモアある登場人物のおかけで、心が重たくなることなく読み切れます。

その他のコメント

綺麗な女性が拉致・監禁される所から物語は始まるが、そこから予想だにしない方向に話は進んでいく。
女性が被害者になり加害者になりまた被害者になりと二転三転していく所に面白さがある。
一言で良い作品と言うだけでは伝えきれない深みと思慮があり、読んだ後に改めて心の中で回想したくなる作品である。

読者

6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d062e2f973f b11b 4762 aefc cd7ed2366c0f8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf31651e9c3f4 59ca 4f43 a881 ab2068aea2bc68c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9eaDf738f49 64e6 47aa aad1 1ab207999917464938e3 95b2 43db 9726 682a039429865a12ef9a fa99 4ee3 8ec3 908153e66658 167人

ピエール・ルメートルの本

監禁面接

監禁面接

F278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8

euro

大好き!読むべき!というコメを見…

★4 この作者は『その女アレックス』が素晴らしいので、一冊目ならそちらをオススメする。この本がどういった話かは、それ自体がミステリーと言える。邦題やあらすじはある種の「つかみ」であり、物語を要約してはいない。 主人公は人事のプロでマネジメントを専門にしている。会話の機微や心理戦はリアルに追及されていると感じた。後がない崖っぷち感が大丈夫ならオススメ。結末を知りたいという推進力で一気に読めるだろう。

7か月前

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435Icon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 8
傷だらけのカミーユ

傷だらけのカミーユ

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

ようやく今年の片目が空いた。三部作最終も「俺があいつであいつが俺で」展開だが、シリーズが進むにつれて「過去」は重ったくなるなあ。そして「カミーユが一番傷つくことは何か」を追っかけてたらその「男」かー、というのはなんとも。「悲しみのイレーヌ」は第1部がアレだから、彼の本当の姿って結局どうなんだったっけ?なんて順番守って読んだ人間には遠くなってる部分も。

2年前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9201a56b188 0482 481c 80ae 75c2690439e466b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 18