51jdeakbb6l

あなたの予想を全て裏切る究極のサスペンス!監禁され、死を目前にした女アレックス――彼女の心に秘められた壮絶な計画とは? 英米ミステリ界を戦慄させた驚愕と慟... 続き

コメント

章ごとにまるで別の小説なんじゃないかと思うぐらい雰囲気がガラッと変わる
そして重厚ながらも読み終わった時の爽快感は格別でした

その他のコメント

翻訳であることを感じさせない文章で、読み出したら最後!次が気になって眠れません。
刺激的な描写もありますが、テンポの速さとユーモアある登場人物のおかけで、心が重たくなることなく読み切れます。

読者

084e32c1 21fe 4819 8f15 913fa7d035d66336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb62300Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa166b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a5da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465ddIcon user placeholderE7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa177f29de c939 4c61 a609 88229e86216d 157人

ピエール・ルメートルの本

監禁面接

監禁面接

F278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8

euro

大好き!読むべき!というコメを見…

★4 この作者は『その女アレックス』が素晴らしいので、一冊目ならそちらをオススメする。この本がどういった話かは、それ自体がミステリーと言える。邦題やあらすじはある種の「つかみ」であり、物語を要約してはいない。 主人公は人事のプロでマネジメントを専門にしている。会話の機微や心理戦はリアルに追及されていると感じた。後がない崖っぷち感が大丈夫ならオススメ。結末を知りたいという推進力で一気に読めるだろう。

29日前

傷だらけのカミーユ

傷だらけのカミーユ

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

ようやく今年の片目が空いた。三部作最終も「俺があいつであいつが俺で」展開だが、シリーズが進むにつれて「過去」は重ったくなるなあ。そして「カミーユが一番傷つくことは何か」を追っかけてたらその「男」かー、というのはなんとも。「悲しみのイレーヌ」は第1部がアレだから、彼の本当の姿って結局どうなんだったっけ?なんて順番守って読んだ人間には遠くなってる部分も。

約2年前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a177f29de c939 4c61 a609 88229e86216d946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059db 16