41k6fclapcl

銀座鮨店に10年通ったバブル期OL物語 80年代。都内で働いていた青子は、25歳で会社を辞め、栃木の実家へ帰る決意をする。その日、彼女は送別会をか... 続き

コメント

鮨屋の常連になる、というドラマ
描写ひとつひとつがまるで舎利のよう

読者

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f2ddbd715 a966 476f b445 82397b7c39bb773b51f8 9cc5 406c a018 606c38903978F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa971acd02 98d2 46cf a93e 2e11117ac857A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b6Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db 8人

柚木麻子の本

幹事のアッコちゃん

幹事のアッコちゃん

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

2日で読了。アッコちゃんシリーズはサクサクいける。そして気軽に読める。柚木さんの作品はずっしりとした重いのものが好みだが、それでも柚木さんの本は新刊出た途端買ってしまう。そしてすぐ読みたくなってしまう。

2か月前

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd 12
ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

文庫化を待ち望んでいたので見つけてすぐゲットしました。ちょっと読むつもりが展開が気になって気になって仕方がなく、のめり込むように読んでいました。 心を抉られる場面が沢山ありすぎて書ききれませんが、個人的には栄利子がガラスに映る自分の姿を見つけたところでサアッと血の気が引きました。これまでのシーンを思い返すと全てが違って見え、より恐ろしくなるような衝撃でした。。 栄利子も翔子も求めるものの終着点は同じ。言葉にできない自尊心や疎外感や社会カーストを全て栄利子や翔子が発する言葉、行動で示していて突き刺さりました。本物の衝撃作です。柚木麻子、他作品も読んでみよう。

10か月前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797608a78c5 4e69 4669 b281 1711564e410216496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b7 42
さらさら流る

さらさら流る

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

後で一人思い返す宝石のような夜が誰にでもあると思う。そんなかけがえない夜を覆うような染みが突然拡がっていって窒息しそうになりながらも捨てることもできない。 自分もちょうど主人公達と同じ年で生きてる時代もぴったり当てはまり好きな作家の作品でそれが描かれて嬉しく思う。年齢の焦燥感は感じず、どこまでも広がっていく可能性を感じた。 どうにも偽れなくなって沈めていた本当の自分で人と向き合っていく事が一番怖い現実だし、進むべき現実だと思った。

12か月前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc2106 20
BUTTER

BUTTER

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

こってりしたものが食べたくなると聞いていましたが胃弱なのでなりませんでした。 かつての、と思えるようになっていたいけど、まだまだ今の自分を見ているようなところもある。 でも描かれている大体の食べものはもう想像出来るかなー。

1年前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7972dda23e4 4951 41a3 9739 aee5c67a20405a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2 81