41k6fclapcl

銀座鮨店に10年通ったバブル期OL物語 80年代。都内で働いていた青子は、25歳で会社を辞め、栃木の実家へ帰る決意をする。その日、彼女は送別会をか... 続き

コメント

鮨屋の常連になる、というドラマ
描写ひとつひとつがまるで舎利のよう

読者

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f2ddbd715 a966 476f b445 82397b7c39bb773b51f8 9cc5 406c a018 606c389039787096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa971acd02 98d2 46cf a93e 2e11117ac857A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b6Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db 8人

柚木麻子の本

ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

文庫化を待ち望んでいたので見つけてすぐゲットしました。ちょっと読むつもりが展開が気になって気になって仕方がなく、のめり込むように読んでいました。 心を抉られる場面が沢山ありすぎて書ききれませんが、個人的には栄利子がガラスに映る自分の姿を見つけたところでサアッと血の気が引きました。これまでのシーンを思い返すと全てが違って見え、より恐ろしくなるような衝撃でした。。 栄利子も翔子も求めるものの終着点は同じ。言葉にできない自尊心や疎外感や社会カーストを全て栄利子や翔子が発する言葉、行動で示していて突き刺さりました。本物の衝撃作です。柚木麻子、他作品も読んでみよう。

7か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 36
さらさら流る

さらさら流る

Pezht4zp normal

yukimizuirosuki

歌う、笑う、音楽すき

後で一人思い返す宝石のような夜が誰にでもあると思う。突然そんなかけがえない夜を覆うような染みがどんどん拡がって窒息しそうになりながらも捨てることもできない。 自分もちょうど主人公達と同じ年で生きてる時代もぴったり当てはまり好きな作家の作品でそれが描かれて嬉しく思う。年齢の焦燥感は感じず、どこまでも広がっていく可能性を感じた。 どうにも偽れなくなって沈めていた本当の自分で人と向き合っていく事が一番怖い現実だし、進むべき現実だと思った。

9か月前

F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc21060afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb768aa36b02 018d 44df 9d9d a4ac83e2fe1c 19
BUTTER

BUTTER

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

こってりしたものが食べたくなると聞いていましたが胃弱なのでなりませんでした。 かつての、と思えるようになっていたいけど、まだまだ今の自分を見ているようなところもある。 でも描かれている大体の食べものはもう想像出来るかなー。

1年前

C7ea5e80 8efb 4a17 9c2b ad18bb3935107e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5dIcon user placeholder 76
伊藤くん A to E

伊藤くん A to E

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

どこがいいのかさっぱりわからない伊藤くんの周りにいる女性の話。 柚月さんの作品は、女性のえげつなさが痛々しいまでにリアルに描かれていることが多く、途中でちょっと苦しくなってくることもあるのだが、この話の中にもそんな部分も出てくるが、「煙たい後輩」よりはまだライトかなと思った。 伊藤くんは停滞したままで、何も変わらないが、その周りの女性たちはもがきながら、無様になりながら、自分と向き合って前に進んでいく、女性の強さと美しさに痺れるそんな本だと感じた。

1年前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2152337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fIcon user placeholder 13