41puppmia%2bl

コメント

余命を宣告された人と、その人の一番近くにいる人達の話。

感動と言うかと色々自分に置き換えて考えさせられました。

人生について。
命について。

オススメされて久しぶりに読んだ重松清!
こんなだったな〜となつかしい反面、テーマがテーマなだけになんでこんな話ばっかり!?とか思ってちょっと苛立ったり
けどそれもあとがき読んで納得というか、受け入れることができた。
ただ、自分にこれを読んで泣けるほどの感受性がないことはわかった……。

死んでいく人だけではなく残されていく人にフォーカスされているところがずしっときました。いつか残されていくのだなあと。

「終わってないから、まだ。いろんなことが終わっても、いちばん大事なことはまだ終わってない。わかる?だから、間違っても、間違っても、やり直せる。あなたたちは、やり直せるから」

当たり前の日常が当たり前じゃないことを改めて感じさせてくれるお話。
涙ダーダー。

所謂泣かせ小説の類なのかもしれないが、抑制が効いているせいか嫌味な感じはしない。それでもまんまと泣くのであるが。

何回読んでも泣ける。
生きることについて深く考えさせられた。

その日のまえにの「今僕らはその日を生きている」にすごい落ちた。そういう考え方って今まで考えたことがなく、面白く感動した。

泣きたい時に読み返します

読者

6170dc1e bd4e 4adc b73a 6787762fda583db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaAbe50a7a 80de 4710 9851 43d79de020fc5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38C40bc51c cd12 463a b8ba 15ae7b3e8580880d5e72 80e3 47f0 8394 0e9677a95e52Icon user placeholder2ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba6 70人

重松清の本

送り火

送り火

Cc841888 d781 4e59 9578 49d990362871

なるぴ

30歳の男です。

たまに思い出すんだけど、重松清の 送り火 って本がすげえ泣けたんだ。短編集で、中でも遊園地で親の写真撮るシーンがあってそれを思い出すたび泣きそうになる。今も。 いつも主人公のことを撮ってくれた両親。普段撮ってばかりだから撮られる側になると写り方も慣れてなくてぎこちないんだけど、でも楽しそうにしていて、写真も忘れてはしゃいでる、そんな姿を目に焼き付ける。 自分だと恥ずかしくて中々…… 時間があるうちに記憶に焼き付けとかないとだめだな。 親とはうまくしゃべれないし変な力が入ってしまう。いつもイライラしてしまう。だけど親に嫌われたいのかといったらそんなことなくて、だからやっぱり親のことは好きなんだと思っている。

約2か月前

533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323bC8ceef1d b65b 4bc4 ab62 7242670cb8de5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 8
疾走

疾走

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0072 2018/10/19読了 上巻だけでもう人生のどん底…。暗い…重い…。 家族や周りが崩壊して、ついに自分も崩壊したシュウジがこれからどうなっていくのか…下巻を読むのが楽しみだけど怖い…。

5か月前

Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e18b38e142 d5a0 4671 b36a 5286c2c0394aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 31