41puppmia%2bl

コメント

その他のコメント

余命を宣告された人と、その人の一番近くにいる人達の話。

感動と言うかと色々自分に置き換えて考えさせられました。

人生について。
命について。

オススメされて久しぶりに読んだ重松清!
こんなだったな〜となつかしい反面、テーマがテーマなだけになんでこんな話ばっかり!?とか思ってちょっと苛立ったり
けどそれもあとがき読んで納得というか、受け入れることができた。
ただ、自分にこれを読んで泣けるほどの感受性がないことはわかった……。

読者

B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399E85eb4cd 5ad8 4f4d a0c4 74cad3314b73640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff3a49ddbb adf5 4f47 b662 e708365c365bIcon user placeholderIcon user placeholder52939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc996d2e566 ed48 4f26 a12a 2d7d49f2243a 51人

重松清の本

青い鳥

青い鳥

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

村内先生は吃音でうまくしゃべれない。でも、ひとりぼっちの生徒に寄り添い、たいせつなことを伝え、彼らの心を救う。 「ほんとうにしゃべりたいことは、しゃべらなくてはいけない」 「「たいせつ」は、すごく、たいせつ」 「本気で言ったことは、本気で、聞かないと、だめなんだ」 「先生は、うまくしゃべれません。ーでも、一生懸命しゃべります。ほんとうに、たいせつなことだけ、しゃべりますから」 村内先生の言葉は、読んでいる自分にも強く響いた。饒舌でなくても、「ほんとうにたいせつなこと」を伝えることが大切なんだと気付かされた。

5か月前

0da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d16b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccF239bf4f e528 43f7 b5f6 1a87afa865f0
その日のまえに

その日のまえに

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「死」と関連する連作集という感じでしたので。悲しい話が続くのかと思っていたのですが。登場人物は、以外に逞しかったりします。悲しみは、激しいばかりでなく、静かに深いものでもありました。それは、残された人々にも当てはまり。「死」と正面から関わった人の人生にも深く染み込んでいくものでした。 ただ悲しい話だけではない事に、ウルウルと涙が滲んできてしまいました。

6か月前

せんせい。

せんせい。

Icon user placeholder

seiryo

コーヒーと本

自分はせんせいとしっかり向き合っていただろうか。今なら目を見て昔のことだと笑って話せるだろうか。

7か月前

8b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589dE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e26c25d97 1156 42f8 955b 3db2d3d623d6