513rlb g8tl

別居中の妻子が、旅先で列車事故に遭遇した。仕事のことしか頭にない悟は、奇跡的に生還した息子を義理の両親に引き取らせようとする。ところが、亡き妻の親友という... 続き

コメント

2度読んでも泣いてしまった。

仕事に命をかけて、残るものはあまりないかもしれない。

生きているうちに、身近な存在である、彼女奥さん子供両親を大切にしていこうと素直に思った。

お金ではなく、時間をつかって。

感動する本との事で、購読しました。なかなか泣けます。

やっと読めた本
こんなお話も書く方なんですね
母親ってすごいなー
家族の大切さが身にしみます
一気読み(*´ω`*)

久しぶりの山田悠介作品。
胸くそ悪い読み始めだったのに、すごく感動した。
展開が直前まで読めなくて、分かった途端にちがう見えかたになる。

突然現れた1人の女性に主人公がドンドン変えられていました。
自分もそんな人に会えたらと思います

家族との関わりについて改めて考えさせられました

これまでの山田悠介のイメージからは想像出来ない内容でした。
素直な気持ちになれるいいお話でした。

あっそうなの、ていう展開だった。
最後まで現実的な話にしてほしかった。

ほんとに大切な人って自分のそばからいなくなって初めて気づくもののように感じさせてくれたストーリー。感動もの。

周りの人たちとの関わりにもっと感謝してそれを言葉で伝えられるような人間になりたい。

小説のいろはのい、のようなわかりやすい小説だなという感想。
もう少し情緒的な表現があっても良かったな。
セリフが浅い気がする…

久々夢中になって読んだ、テンポもよく飽きずに…最後感動!

そういうオチか

伝えたい事は伝えたいと思った時に伝えるべきだと思いました。失敗は沢山してもいいけど、悔いのない生き方をしていきたい。

読者

Icon user placeholder4e35bcd8 a041 42b3 9356 91d6cf5cf980D63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641be3d5e2c69 3f15 4b4a 8183 2f35d4aeb842052029ef dda7 4173 81d0 754c485703c2F21934ed 8fdb 4265 b66d 18917586d80eIcon user placeholder4ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc902 63人

山田悠介の本

種のキモチ

種のキモチ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

題名から勝手に主人公は種だと思い込んで読み始めたら違ってて なかなかホラーな話でした 蔵に閉じ込められた少女が大人になり 小学生の男の子ダイスケ、そのダイスケのいとこ、いとこの彼女へと連鎖していく植物化の発端となる タンポポのように種が飛び散って増えていく花は要注意です この話が実際に起こることだったら 手がつけられなくなります

約1か月前

スイッチを押すとき 他一篇

スイッチを押すとき 他一篇

Ed14dde5 d1a0 43db 8ec5 887c62744ccd

きなこもち子

(^^)b

若者の自殺心理のデータ取得のため、わざと自殺に追い込まれる子ども達。 そんな中、長年自殺しようとしない4人の子どもと、彼らを救おうと立場に反して懸命になる主人公。 それぞれの決意や思いがとても悲しかったです。 うん、悲しい、その一言。

8か月前

僕はロボットごしの君に恋をする

僕はロボットごしの君に恋をする

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

A Iロボットを作る研究所に勤めている主人公の健とその幼馴染の陽一郎 健は密かに陽一郎の妹の咲に想いを寄せている 健はただ愛情を持っただけだったのに 思いもよらないエンディングになんだかなぁと思う いつか未来に出てくるかもしれないA Iロボットが 悲しいものでなく 幸せを運ぶものであればいいなぁ

8か月前

4e35bcd8 a041 42b3 9356 91d6cf5cf98066eb491d 010c 4c24 85c4 ef8eb2d41b3e21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff 22