51bmvt5koal

私立探偵・沢崎のもとを訪れた紳士が持ち込んだのはごく簡単な身辺調査のはずだった。しかし当の依頼人が忽然と姿を消し、沢崎はいつしか金融絡みの事件の渦中に。1... 続き

コメント

文章が何故かスラスラ読めず、それをイライラしないで行を行きつ戻りつ噛みしめるように読んだのは文体のせいか?行きつ戻りつするのが、楽しかった。
沢崎シリーズだか、始めて読んだ。
本編では、14年の月日は同じように流れていた。沢崎は、変わっていないんだろうな。クールすぎる!事件は、何重にも重なって見えたり、関係ないようにも見えたりと展開していく。台詞には、裏や引っ掛けがあり、やり取りを耳をすませて聞いている気になった。

その他のコメント

読者

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbIcon user placeholderC10279d1 3a3b 4aa9 933a 672957d87b0d1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bBda6c754 1047 429b 81db 012658b5a74fIcon user placeholder 10人

原りょうの本

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

けっこうと評価された国産ハードボイルドだけどなぜか縁がなくて。最近久しぶりに新作出されて話題になっていたのでまずデビュー作から読んでみようということで。チャンドラーにハマって自分もミステリを書いたということだけど確かにプロットがちゃんとしたチャンドラーといった趣(笑) なんとなく昔の清水俊二さんが訳していたころのマーロウものを彷彿とさせられた。今さらあらすじでもないだろうから書かないけど...政治やら大金持ち一族なんかがからんできて筋書きがこみいってしまいラストがバタバタした感じはあるもののかなり面白いシリーズと分かった。二作目以降も読んでみようと思います。

8か月前

E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bIcon user placeholderIcon user placeholder