51ri3gapisl

素晴らしい絵を描きたい、ビジネスを立ち上げたい、ピアノを演奏したい、飛行機を飛ばしたい…… そんな思いを抱きつつも、あなたが一歩を踏み出せずためらっている... 続き

コメント

まとまった時間を確保して,習得するために重要なことに集中して取り組めば良いという,言われてみれば当然のことに気付かされる.
それを実行できるかどうかは自分次第.

その他のコメント

本当に20時間で出来るかと言われると人によるけども、環境を整えて物事を分解して繰り返す事を改めて体系化してくれた。
著者の実際のエピソードも面白いのでエッセイとしても読める。

20時間やれば、人はやったことないことでもある程度のレベルまでやれるよ。という本。スキルや知識取得のノウハウがメイン。1ー3章でその辺りの内容が簡潔に書かれている。スキル習得のコツですが、習慣化、アウトプット、過程の見える化が主なテーマになってます。これが出来るか出来ないかが分かれ目だなと。

読者

95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b11936afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff277284c43 66a7 42b4 a55c d622aca15708Ef4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d86408D12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf 6人

ビジネス

成功する人の 英語ノート活用術

成功する人の 英語ノート活用術

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

何か言いたくたる本にコメントを残…

この本はシンプルに「作者が実際に英語学習で使ったノートの使い方」がまとまっています。 こういう本で多いのは「本としての網羅性を重視」するのか、本当に作者があまり使ってない様なテクニックも「こんなやり方もあります!」と紹介して水増ししたりします。 でも、この本は多分「本当にやってきた事」を書いてます。 そう言う意味では無骨です。 また、個人の体験なので「万人に通用する」方法でもないでしょうね。 多分、このやり方で「外資系会社の社長」になれたのは、作者の才能やスキルのおかげだと思います。 再現性のある部分は「完璧主義を捨てる」とか「ノートを自分なりに使う」ぐらいです。 こう言う変なお化粧をしてない「正直」な英語ノウハウ本もある種の貴重な存在です。 私は読んで良かったです。

1日前

幸せとお金の経済学

幸せとお金の経済学

222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d3

Sue

本と絵が好き

こういう本は久々に読んだのだけど、すごく面白かった。 この本においては、「財」は以下の二つに分類されている。 「地位財」・・・他人と比較したときの相対的優位によって価値を持つもの。家、所得、車、腕時計やジュエリーなど。 「非地位財」・・・他人がそれを持ってるかどうかに関わらず、それ自体に価値があるもの。安全、良質な環境、健康、愛情、人間関係など。 この本では、富裕層・中間層・低所得者層の格差が開いていく中で、地位財競争の水準は吊り上がっており、地位財から効用を得るために非地位財に使うお金を削らざるを得ない中間層の悲劇を指摘して、経済政策はどうあるべきかを論じている。 政策のこともさながら、自分が買い物をするときのポリシーとかお金との向き合い方とか自分が何を大事にしていくかについても、考えさせられる本だった。

3日前

7c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa14041946ed 4d51 4c3b a9bd 1ada4a0a69afAaaf7ea1 98d8 4d6d b9c9 d19f4308a4fd