61rijwrqxll

太陽がつくる「すぱげってぃ」に心を奪われた子供たちが続出した伝説の絵本がついに復刊!太陽宮殿へのふしぎな小旅行にでかけよう! 続き

コメント

三輪滋「たいようのきゅうでん」という絵本をBOOKOFFで偶然発見。発行は復刊ドットコム!! 谷川俊太郎と三輪滋の「おばあちゃん」「ひとり」「せんそうごっこ」のシュールなSF絵本の絵のイラストレーターという認識やったけど、本人作の絵本も作られていたとは。ちょっと調べると、書店販売はされておらず、幼稚園や保育園で配布されていたもの(学研おはなしえほん10「たいようのきゅうでん」三輪滋 1981年刊)だとわかる。森の中の宮殿に迷い込んだ旅人が、太陽にスパゲッティをごちそうになり一晩泊めてもらうという話。おねぇことばでしゃべる太陽とその表情、スパゲッティ、お風呂。すごいわこれ。

読者

B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1

新刊

女が死んでいる

女が死んでいる

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

短編集。普段、貫井さんの重いイヤミスをが好きな人は物足りないかも知れないが、ちゃんとどんでん返しはあるので楽しめた。軽く読みたい時には良い。

約13時間前

浮雲心霊奇譚 白蛇の理

浮雲心霊奇譚 白蛇の理

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

浮雲の推理が冴えます。 土方や沖田の手も借りて、赤い目に映った幽霊達の無念をはらします。浮雲が謎解きをケチるので、八十八と一緒にソワソワしてしまいます。 幽霊は、存在するのみ。この考え方は八雲のときと一緒ですね。だから、怖くないです。 そろそろ浮雲の正体を暴くため、新撰組と一緒に京都へ出発!してほしいものです。時代劇版八雲です。

約14時間前

陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

約18時間前