51a7dgflcpl

旅のルートは思うまま。好奇心の羅針盤に従って、知の大航海にいざ出発! 南極の氷の下には二千万年前の生物がいる? ニホンウナギはマリアナ海溝生まれ? ゴリラ... 続き

コメント

男心を擽ってくれる一冊。

宇宙も、水中も、
僕らを取り巻く環境も、

いや、僕ら自身も
世界は不思議で満ち溢れている。

だから、知りたい。
それが楽しい。

そんな少年心を持ち続けたい。

読者

D4d51a36 dfb8 4632 811a 623121ba3292

ビートたけしの本

「さみしさ」の研究

「さみしさ」の研究

A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b84

ナオテン

30にして読書に目覚める。

大きく3章「老いに対するさみしさ」「人との別れに対するさみしさ」「世の中を見ていて感じるさみしさや疑問」で分かれていて、どれも視点が違って面白かった。

5か月前

フランス座

フランス座

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

ビートたけしさんが体験した事実に基づくフィクションです まだ売れる前の話で お金がなかったり 寝るところがなかったりして 今のたけしさんからは想像もつかない苦労があったんだなと… ただ 日々の中の振る舞いは 今のたけしさん健在かなと思いますが たけしさんのお父さんはちょっと難ありな感じですが お父さんにまつわるエピソードだけを集めても なかなか面白いものになりそうな匂いがします

6か月前

Icon user placeholder1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8
少年

少年

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

書かれて30年も経った小説だから昭和な臭いがするんだろうなと読んだけど、 むしろいつの時代にも通じる「少年の心」で満ちてた。 無邪気で、無垢で、 どんな小さなことにもいつも全力で、 その分、喜びや悲しみ、もしかしたら喪失感にも心いっぱいにする。 そんな少年に、あとがきで「憧れる」とたけしさん本人が書いてた。 超絶賢くて、 凶暴な映画を創る一方、 テレビでは無邪気極まりない笑顔で水やら小麦粉やらを大砲でぶっ放す、 激しくクレイジーな人だと思ってたのに、いい意味で拍子抜けした。 読後、とても温かい気持ちにしてくれる本でした。 一生懸命に生きよう。

9か月前