41bnxv qnpl

現代美術から広告まで幅広く活躍する写真家が、経験をもとに書き下ろした、はじめての写真論。 続き

コメント

素人でも読めるのに存在する写真論の中でも超画期的名著 この本のおかげで写真がたのしくなった人と死にたくなった人が山程いると思う なんかいい人向けに見えるけど極悪人に読んでほしい

"今このトーンが流行っているからとか、「アタシはこの色が好き」とか、そういうレベルの話ではないのです。なぜならそれこそは、「自分には世界はこう見えているんだ」という決意の表明にほかならないからです。"
そういうレベルで写真を見てた人が、写真の見方に気付ける本。

写真展に行ったり写真集を見たりするのが好きな方なら、ふむふむとうなずきながら楽しく読める。
批評としても「今日の写真」を探るうえで「決定的瞬間」と「ニューカラー」を大きなふたつの山と捉えるのは新鮮だったし、いろいろな寄り道もおもしろかった。
まえは撮っていたけれどいまは・・ってひとも、乾燥剤に囲まれたカメラをひっぱり出してきたくなる(?)。

下北沢で首からカメラぶら下げてなんとなく自分の足元とかスタバのフラペチーノを撮るだけのサブカル女子たちに是非読んで欲しい。
写真を撮るのが上手になる方法が書いてあるわけではなく、写真の楽しみ方、そもそも写真って何?といったことを初心者でも解りやすく、たのしく教えてくれる本です。

第1章のスタイルチェンジから加速し出して、第3章なんかはめちゃくちゃおもしろかった。写真をはじめた僕にとって発見の連続で、一気に読み終えた。

写真家のホンマタカシさんが写真の撮り方や写真の歴史、写真を撮る写真家たちなどについてや、実際に写真家が撮った写真を題材として使い技法や狙いなどを解説する写真についての本。内容が膨大な上に写真の技法について語っていたかと思ったら次の章は写真を実際に撮ってみることを語り出し…などと自由な感じに話が展開するので読んでいて振り回されている感が強いですが、「ポストカードのような写真を撮るのではなく、ポストカードのようになった風景を写真にする」など、時折これは! という解説、言葉に出くわすのが楽しい。情報豊富で緩めな写真の学術書、という感じの本。

読者

0e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2ebC218082a 83f0 4c03 a4d0 435a80a6c0daE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd2cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf80afc5c62 11c6 40c9 9ca9 cbcb848a43c0314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad019a2b6729 e01f 4069 bba9 990f42412830 20人

ホンマ・タカシの本

NEW WAVES

NEW WAVES

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

ホンマさん波の写真ではやはりこれが一番好き。relax の雑誌の感じもよいけど、ホンマさんらしく、潔く大判で大胆、だけど緻密な感じがツボ。ホンマさんはこれからちょっとドキュメンタリーが楽しみですね。

約3年前

自分にふさわしい場所

自分にふさわしい場所

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

詩人谷さんと写真家ホンマさんのコラボ。谷さんはたくさんの写真家イラストレーターとコラボしているけれど断トツの完成度とエッジとだからこそのふたりの作家性がよい作用。もう5冊くらい買って人にプレゼントしてます。最後の詩はどうしようもなく空を仰ぎ見てしまう。

3年前