51d7nfyoi8l

過疎化と高齢化が深刻な田舎町で「買い物弱者」を救うため、大学を中退したたまちゃんは、移動販売の「おつかい便」をはじめる。しかし、悩みやトラブルは尽きない。... 続き

コメント

読者

Icon user placeholder

森沢明夫の本

51r8nxsvfzl
06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6

AFRICATWIN

soccer:futsal:En…

都会と田舎、どちらがよくて、どちらが悪いのではなくて、どちらにあるものが、自分にとってここちいいか 人は、その感覚を素直な心で感じ取って、あとは自由に選択して生きればいいのだ。 同感。 出てくる食べ物がいちいちうまそう。 居酒屋トミ子で俺も熱燗舐めながらふろふき大根食いて〜

8か月前

41dc3jqzazl
0882a8fa e055 408a aaa9 a81db4c11e6e

ゆーらすん

1990 新潟 デジタル

最初は濃すぎるキャラ設定のくせして真面目な名言っていうギャップが違和感あった。しかし、ただ単純に名言を聞くよりも、登場人物の性格があってこその名言だったと思う。登場人物たちを応援したくなってきて自分にも元気をもらえる。

10か月前

F56ad04c 50d7 4640 b545 4a8549bcae7fF5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c1288630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 8
617k ikd2ol
9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

傷心を抱えて祖父の住む漁港のある町にたどり着いたエミリ。 投げやりになった彼女の心を癒すのは、祖父が地元の食材を使って手作りする毎日の食事。 この、食材を調理する、出来上がった料理を食べる、その描写がたまらない。 読んでいると頭の中にその光景が浮かび、お皿にのせた料理の香りまで想像できてお腹がリアルに空いてくる。 ストーリーはよくある設定なのに、祖父と孫娘が互いに甘え過ぎないのがいい。 まず食べて、笑って、人に依存しない自律した人間として生きることが大切なんだ。 あー毎日の食事はやっぱり一食一食丁寧に作ろう、と改めて感じた。

12か月前