51uwyggrynl

19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四... 続き

コメント

楽園のカンヴァスを読んで、また画家の面白いストーリーが読める!と思っていただけにもう少しアクセントというか動きがあればなぁと感じてしまった。

ゴッホという画家自体がそうさせているのかもしれないが、作品の全体的に漂う陰湿で重く垂れ込める雲のような雰囲気が読んでいて気持ちが沈むと言ってしまっても否めない

その他のコメント

ゴッホという画家の素晴らしさを確信している、弟のテオ。偉大であるゴッホを認めない世間に、苦悩するテオ。
史実であるゴッホとテオの人生に、浮世絵と日本人二人が深く関わっていく展開に惹きつけられた。
「たゆたえども沈まず」生きていくのは、天才には難しかったんだろうか。それとも、絵の中に「たゆたえども沈まず」生きているのだろうか。

読み終えてから表紙の絵を見ると、なんとも言えない余韻で、ずっと観ていられる。絵を鑑賞するって、好きな方なんだけど何かうまくできなかった。少しだけ絵の鑑賞の仕方がわかった気がした。

読者

Icon user placeholder8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder11906ce1 cec6 42e1 97f4 2507e03c1908Icon user placeholderIcon user placeholderBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdIcon user placeholder 89人

原田マハの本

スイート・ホーム

スイート・ホーム

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

不動産会社のホームページに掲載されていた連作短編集。 暖かくていい匂いがする街の様子が羨ましくて、私も是非住んでみたいと。笑 たまには、幸せ一杯の本で暖かくなるのもいいものです。 美味しい珈琲を片手に。

約1か月前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eIcon user placeholder4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc 21
暗幕のゲルニカ

暗幕のゲルニカ

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

外さない、原田マハ。ネタバレになるので詳しくは触れないが、ピースがパチっとハマるような、あの快感よ。「ゲルニカ」、死ぬまでにこの目で見たい!誰のものでも無い、ワタシたちの「ゲルニカ」を。

約2か月前

Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1eb00c1e 9037 4dd8 ab18 13d6b9963c2c 43
異邦人

異邦人

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

京都で妊娠生活を送る女性の話として 興味を持って読み進めたけれど、すごく面白かった。 京都の豊かな四季を味わいながら、のんびり読んでいたつもりが、後半話の展開が面白すぎて、あっという間に読んでしまった。 ちょっとしたミステリーみたいな、様々な人間関係が入り組んで、ドキドキハラハラ、え、そんな?!みたいな。 こういうジャンルあまり読んでこなかったなぁ。 原田マハさんの作品2作目だけど、いつも読みやすく、どんどん読み進めたくなる感じすごい。

3か月前

B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538Icon user placeholderIcon user placeholder 18