51uwyggrynl

19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四... 続き

コメント

楽園のカンヴァスを読んで、また画家の面白いストーリーが読める!と思っていただけにもう少しアクセントというか動きがあればなぁと感じてしまった。

ゴッホという画家自体がそうさせているのかもしれないが、作品の全体的に漂う陰湿で重く垂れ込める雲のような雰囲気が読んでいて気持ちが沈むと言ってしまっても否めない

その他のコメント

ゴッホという画家の素晴らしさを確信している、弟のテオ。偉大であるゴッホを認めない世間に、苦悩するテオ。
史実であるゴッホとテオの人生に、浮世絵と日本人二人が深く関わっていく展開に惹きつけられた。
「たゆたえども沈まず」生きていくのは、天才には難しかったんだろうか。それとも、絵の中に「たゆたえども沈まず」生きているのだろうか。

本屋大賞にもノミネートされてる話題作。
幻冬社の電本フェスで割引だったので購入。
(それにしても去年の蜜蜂しかり、多動力しかり、幻冬社は今が最も旬な本もセールに突っ込む思い切りが凄い…。)

史実をもとにしたフィクション。
ゴッホとその弟、そして影響を与えた日本人画商のお話。楽園のカンヴァス同様、MoMAに勤めていた著者の圧倒的筆力。美術に知見が浅い私でもおもしろく、そして興味を持たせられる。さすが…。読むと美術館行きたくなる。きっとバックグラウンドを知ってから読んだ方が楽しめると思う。

ゴッホ兄弟の他の人には理解しがたい絆、はたからしたらただの困ったちゃんにも見えるけど(特に終盤で命を落とすところ等)芸術って普通(と一般的に言われているもの)ではない感覚だからこそ生み出せるとも思うわけで。いかに正気じゃないからこそ、生まれるものというか。

個人的にはジャポニズムと言われる日本芸術の取り上げられ方が興味深い。茶碗を包む紙、としか思われていなかった浮世絵が欧米によって価値があがったこと、日本人は他者の評価がよいものを良い、と持ち上げるっていうのも、なるほどねーと。あの時代にあの国に東洋人が乗り込み、切り開いたとされる実在する林忠正にはただただ敬服。

ゴッホの話のため、最終的にはどっちも死んじゃうからなー。まあ暗い話ではある。

読者

5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bFc63e30e b964 48e5 9f16 c61baab2fdac405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d730287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e477f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0 49人

原田マハの本

スイート・ホーム

スイート・ホーム

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

話しの展開が、想像つくのだけど読み切って、あーよかったなぁと、こころに栄養を貰えた作品でした。

1日前

7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67Icon user placeholder
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ、といった感情が前面に溢れた1冊ではないけれど、だからこそ身近に感じた。田舎に帰った時みたいな気持ちになる。またこの本に戻ってきたいと思う。

4日前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbE6e46408 7d9f 4c98 a3bd 456d3e743221 15
いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

この本で紹介されている絵のいくつかを、美術館で見たことがある。その時にこれらのストーリーや背景を知っていたかった、と強く思った。あぁ勿体無い。 10代の頃では、100年、200年という時間はあまりにも遠い昔のことだったけれど、歳をとってみると彼らが生きていた時代と今とに、それほど大きな隔たりはないように思えてくる。身近に感じることが出来る。 今だから彼らの作品をもう一度見て違うことを感じられるかもしれない。 美術館に行きたい。 描かれた絵と、その背景にある画家自身や歴史と向き合いながら、ゆっくり時間を過ごしてみたい。

約2か月前

Icon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849
ギフト

ギフト

6e601ea2 de6f 4c16 b856 ebddb66ba840

ricky

小さい頃から空想好きで、本の中の…

仕事、結婚、留学 etc…一歩踏み出す女子のステキな20のエピソード。

約2か月前