51uwyggrynl

19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四... 続き

コメント

楽園のカンヴァスを読んで、また画家の面白いストーリーが読める!と思っていただけにもう少しアクセントというか動きがあればなぁと感じてしまった。

ゴッホという画家自体がそうさせているのかもしれないが、作品の全体的に漂う陰湿で重く垂れ込める雲のような雰囲気が読んでいて気持ちが沈むと言ってしまっても否めない

その他のコメント

ゴッホという画家の素晴らしさを確信している、弟のテオ。偉大であるゴッホを認めない世間に、苦悩するテオ。
史実であるゴッホとテオの人生に、浮世絵と日本人二人が深く関わっていく展開に惹きつけられた。
「たゆたえども沈まず」生きていくのは、天才には難しかったんだろうか。それとも、絵の中に「たゆたえども沈まず」生きているのだろうか。

読み終えてから表紙の絵を見ると、なんとも言えない余韻で、ずっと観ていられる。絵を鑑賞するって、好きな方なんだけど何かうまくできなかった。少しだけ絵の鑑賞の仕方がわかった気がした。

読者

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0375e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b17f511b9 fa01 46a2 b3cd f360639699d87f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f0192ebb4 ba22 464c bbcd 8d5639e6b968F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 114人

原田マハの本

一分間だけ

一分間だけ

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

原田マハ好きだけど、 この本の主人公は最低で本当に読んでいて嫌だった。 こんな人に動物を飼う資格ないよ。 2016

約2か月前

285d61d6 b4e4 46ea 8b3d 21ad309a4490D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f02d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311
スイート・ホーム

スイート・ホーム

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

不動産会社のホームページに掲載されていた連作短編集。 暖かくていい匂いがする街の様子が羨ましくて、私も是非住んでみたいと。笑 たまには、幸せ一杯の本で暖かくなるのもいいものです。 美味しい珈琲を片手に。

4か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d381c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d57502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e058 25