Btn appstore Btn googleplay
51uwyggrynl

19世紀末、パリ。浮世絵を引っさげて世界に挑んだ画商の林忠正と助手の重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、孤高の画家たる兄を支えたテオ。四... 続き

コメント

史実が元のフィクションになります。

浮世絵が印象派の画家に影響を与えた事は、なんとなく知っている程度の知識でした。
この本を読んで気になりジャポニズムについて調べてみたら、かなりの衝撃を与えたようですね。
北斎にこんなにも影響されてるのかとビックリしました。
実際に描かれた絵を調べながら読んでみると、なんとも言えない気持ちになります。

その他のコメント

ゴッホという画家の素晴らしさを確信している、弟のテオ。偉大であるゴッホを認めない世間に、苦悩するテオ。
史実であるゴッホとテオの人生に、浮世絵と日本人二人が深く関わっていく展開に惹きつけられた。
「たゆたえども沈まず」生きていくのは、天才には難しかったんだろうか。それとも、絵の中に「たゆたえども沈まず」生きているのだろうか。

読み終えてから表紙の絵を見ると、なんとも言えない余韻で、ずっと観ていられる。絵を鑑賞するって、好きな方なんだけど何かうまくできなかった。少しだけ絵の鑑賞の仕方がわかった気がした。

読者

2f78f22e c1b2 4d9d 8c73 4167d76f6f40214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5b4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e973c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742Icon user placeholder3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholder 139人

原田マハの本

美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

なんで美術の教科書は、こういうことを教えてくれなかったのだろうか。本の中で、絵画との接し方を松方幸次郎に教えてもらった気がする。とりあえず西洋美術館でやってる松方コレクションを観に行かねば。久しぶりに睡蓮を観に川村記念美術館にも行きたくなった。でもやっぱりパリにも行きたい。。。

6か月前

Icon user placeholderDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826beC1de9418 6639 4a37 b91d a8972310554d 23