Btn appstore Btn googleplay
51h3b83wm3l

コメント

誰だって、オモテの顔と心の顔が違ったりする。
そして簡単なことで元気になったりするもんだ。

その他のコメント

たまには恋愛小編でも。角田光代は渦巻く長編もいいけれど、山椒くらいのカリッとした小編が好き。

/ぞっとするようなさみしい表情で笑ってみせた。
想像すると切なくなる人間の感情の交差する短編集。

読者

29fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fC1710e8a cc07 4173 af8d 397027d5c81cC9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb6e6f6a7e ace4 41e2 9a0e 862dcfb1d378D47491b1 218f 4ca5 9af4 d3e071bdf79e2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fA4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 26人

角田光代の本

薄闇シルエット

薄闇シルエット

Ff1cb923 bcef 44f4 8315 7966a8811a55

かりんとう

白石一文さん、川上弘美さんあたり…

自分が何者で、何を求めているのか。探している間は決して見つからないもの。薄々分かってはいるものの、人は自分探しをなかなかやめられない。しかしそれこそが人の弱さであり愛すべきものでもある。そう受け入れられたとき、一歩踏み出せる不思議さと優しさを感じられるる一冊。

28日前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cA7116be6 7b34 4a7c bf52 c4fbf4580de4Ef15ffd2 924c 4e14 ae2f c885fb4a1bdd 11
平凡

平凡

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

ついつい自分の「もうひとつの人生」を想像してしまう

約2か月前

D47491b1 218f 4ca5 9af4 d3e071bdf79eFd720782 aeb2 4881 9137 4d45421399826c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668
100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

4か月前

6e0278b5 a197 4308 8efa 4289e0e3e82fF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc04073b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d 20
庭の桜、隣の犬

庭の桜、隣の犬

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

ある年齢までは、自分の家が普通だと思って育つ。周りが見えて少しずつ、色々な家庭がある事を知る。結婚して何年か経つと、相手と自分の家庭との違いを知り、自分の生まれ育った家庭も客観的に見えてくる。それに伴い、驚いたり、失望したり、面倒くさいことが多々ある。 角田さんの小説を読むと、平然と生きている普通に見える人たちも、大なり小なり問題を抱えて生きていること再認識する。面倒くさいと思う人間関係も、一歩引いて見ようという気持ちにさせてくれる。 この小説では、大事件が起きるわけではない。しかし、さざ波のような出来事に対して登場人物たちが繰り広げる緊迫した雰囲気に、滑稽さと不気味さを感じながら、また共感も覚えながら面白く読んだ。

10か月前

9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4382728d6 20e2 4a79 8c6a 3f2d3fa357a2