61xzwdlrwil

白熱の全国大会東京都予選決勝リーグ。各チームが横一線に並ぶ中、千早たち瑞沢高校かるた部は宿敵・北央学園との最終戦に臨む。だが、千早や新・太一とともに、かる... 続き

コメント

ヒョロくん見せ場巻。ヒョロ君だからできたこと、に優しさと説得力があって、だからこその強者の孤独が際立つ巻(かるたの強者もまた別面では弱者なんだけど)ちはやふる、脇役のひとりひとりにちゃんと熱い血と涙が流れてるのが好き。

その他のコメント

本気の凡才が、才能の近くで踏ん張るというのは、端で見ているだけでは想像もできないほどの苦行です。楽しいとか頑張ったとか、そういうものの大事さは十二分に解ってても、それだけでは満足できなくて結果が欲しい。なかなか結果が出ないから工夫するのだけど、才能のある人たちがなんとなくわかってしかもできてしまうことを、一から考え試行錯誤して理解しなければならないもどかしさ。しかも、そいつらだって努力している。もうどうしていいかわからなくなって、目の前が真っ黒になることなんてしょっちゅう。
それでも、一から試行錯誤してきたからこそ、言葉にして人に教えることができる。彼らの努力を認めてあげることができる。一生懸命な普通の奴を横で支えてあげることができるのは、たいていの場合、一生懸命な普通の奴なんだよな。

ついにヒョロくんまで表紙になった!千歳の表紙はあるのか?!と心配したら、おまけ4コマでも、そのネタが。次号の表紙は真島のお母さんか?(笑)

読者

8405fc4a 89d7 4a7d b4ba 857ea7ee07a989e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e7160f6b1 78e0 4fbb baf2 42202c46fe3115fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c6655220 1486715648 normal95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd12fc177e e3d4 4ad3 8ff5 8bebf20e21b3E37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef 8人

末次由紀の本