Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
510lsrnx54l

取り戻そうと思えば、いつでも取り返せる-雛子の謎が解かれるとき、伝えられる人生の秘密。切なさと歓びが暗闇から掬い上げられる、全く新しい長編。 続き

コメント

雛子と飴子姉妹の会話は、自分の日常会話とあまりにも似ているせいか身近過ぎて少し怖くなった。二人姉妹とは皆同じようなものなのかもしれない。
江國作品の中では重くない方の本で、好きなタイプだった。
やっぱり家族ものが素敵だなと思う。

江國香織さんの本を初めて読んだけれど、中途半端なところで話が終わってしまってよくわからなかった。
わかる人にはわかるみたいなことなのかなぁ。

綿菓子のよう。ふんわりと食べた感触がないけれど、舌にじとっと残るような。

読者

7da10a6b 0cfb 4205 836b 3ff7493bd70b0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad915c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0bB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5B5bae9c5 8152 48d9 8fed 5d8d01809b24807a63ad 5d2a 4e56 967f 55980bfaec41 8人

江國香織の本

温かなお皿

温かなお皿

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

短編集。南ヶ原団地A号棟が好きだった。読んだ後に、目次を見ていても、これも良かったしこれも良かったかな。と、思う。全て情景が温かい。

5日前

すいかの匂い

すいかの匂い

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e

江國香織さんがとても好きです

どの話もとにかく不思議で、でも、懐かしくなる。小学校の裏庭や焼却炉、病院の三和土、独特の匂い、など、夏の暑い日々の、私たちが小さかった頃の、世界の見え方。それを、そのまま思い出させてくれるような書き方で読者の気持ちをふわりと過去へ戻してくれる。不思議なお話たちでした。さらさらと読めます。 いろいろなことを思い出させてくれますが、不思議と嫌な気持ちにはなりませんでした。文章が落ち着いているからかな。。

7日前

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

4fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde9

e

ほんのむし

半分くらいファンタジーを読んでる気持ちでいたけど、もしかしたらわたしにも、こういう幼少期があったのかなあ。きょうだいなんだから、言葉を使わなくても気持ちはわかる、なんてこころから思ってる年頃があったのかもしれない。

24日前

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c353e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholder 9