510lsrnx54l

取り戻そうと思えば、いつでも取り返せる-雛子の謎が解かれるとき、伝えられる人生の秘密。切なさと歓びが暗闇から掬い上げられる、全く新しい長編。 続き

コメント

雛子と飴子姉妹の会話は、自分の日常会話とあまりにも似ているせいか身近過ぎて少し怖くなった。二人姉妹とは皆同じようなものなのかもしれない。
江國作品の中では重くない方の本で、好きなタイプだった。
やっぱり家族ものが素敵だなと思う。

江國香織さんの本を初めて読んだけれど、中途半端なところで話が終わってしまってよくわからなかった。
わかる人にはわかるみたいなことなのかなぁ。

綿菓子のよう。ふんわりと食べた感触がないけれど、舌にじとっと残るような。

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2417da10a6b 0cfb 4205 836b 3ff7493bd70b0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad915c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0bB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5B5bae9c5 8152 48d9 8fed 5d8d01809b24 9人

江國香織の本

号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

Ae26bdd4 0942 4117 9de7 a102a9551810

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

喪失するには所有が必要で、所有をした時点ですでに号泣する準備はできている。 なんでそんなにかなしいのよ 所有したことに手放しで喜べないってなんなのよ 納得しちゃうじゃない

約1か月前

泳ぐのに、安全でも適切でもありません

泳ぐのに、安全でも適切でもありません

Ae26bdd4 0942 4117 9de7 a102a9551810

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

結局のところ、私たちはみんな喪失の過程を生きているのだ。貪欲に得ては、次々にうしなう。 瞬間の集積が時間であり、時間の集積が人生であるならば、私はやっぱり瞬間を信じたい。 可憐に、慎ましく、輝く、江國が最高

約1か月前

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937eDd666015 f22c 49e4 9ec1 183b5001736a02e8aacb bac1 4f02 b9a2 8c5d4a833622
ウエハースの椅子

ウエハースの椅子

Ae26bdd4 0942 4117 9de7 a102a9551810

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

恋をすると子供じみてしまうのはどうしてだろうと、ずっと疑問に思っていました。実に単純なことでした。子供というのは、一人では生きられないのですね。恋をした人間も、一人では生きられない。似るわけです。 江國がかわいい。

約1か月前

10564b91 97c1 4100 8782 a3cc949b205aC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991
とるにたらないものもの

とるにたらないものもの

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e

江國香織さんが好きです

とるにたらないもの、を江國さんの言葉でとるにたるもの、にする不思議な力があったと思います。 自分にとってそれらのものはどうだったかな、と思わせられましたし、考えたりしたこともないようなものに対して考えたりしました。 とるにたらないようなものでも、生活の一部で、おもしろいなぁと思いました。

3か月前

5e646217 79f2 4fe9 8943 510a6eabf4f62b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870