510lsrnx54l

取り戻そうと思えば、いつでも取り返せる-雛子の謎が解かれるとき、伝えられる人生の秘密。切なさと歓びが暗闇から掬い上げられる、全く新しい長編。 続き

コメント

雛子と飴子姉妹の会話は、自分の日常会話とあまりにも似ているせいか身近過ぎて少し怖くなった。二人姉妹とは皆同じようなものなのかもしれない。
江國作品の中では重くない方の本で、好きなタイプだった。
やっぱり家族ものが素敵だなと思う。

その他のコメント

江國香織さんの本を初めて読んだけれど、中途半端なところで話が終わってしまってよくわからなかった。
わかる人にはわかるみたいなことなのかなぁ。

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2417da10a6b 0cfb 4205 836b 3ff7493bd70b0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad915c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0bB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5B5bae9c5 8152 48d9 8fed 5d8d01809b24 9人

江國香織の本

号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

喪失するには所有が必要で、所有をした時点ですでに号泣する準備はできている。 なんでそんなにかなしいのよ 所有したことに手放しで喜べないってなんなのよ 納得しちゃうじゃない

7か月前

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e84bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af 10