51qyam7yksl

コメント

本屋さんで読めてしまった。でも、それだけ読みやすく、理解しやすい
内容に。。
いいね。落ち込んだ時
読んでもらいたい本。

その他のコメント

「ちょっとでも相手を褒められるチャンスがあれば、何でも褒める。こっちの話を聞いてもらう前に、相手の話を聞く。相手に話を振る。そしたら、向こうもちゃんと聞く耳もってくれる。それで初めて対等な人間関係が築けるんや。」

「みんな同じだ。苦しんで、もがきながらも、なんとか自分の道を見つけようと模索している。」

「人生なんてね、生きてさえいれば、案外なんとでもなるもんよ。」

買って1時間半で読み終えたからなんか勿体無い気がした。笑
就活中に読むとちょっと気が楽になる

読者

Fa74eae5 2635 4a3a acc6 c41b51cc22d458edddee e315 4695 a810 0b3b38ac8ffaA7833ddc c607 4bdc 8bd0 b857ec5c8d7cIcon user placeholder2908537a a654 4bb6 9190 6d11bd831d0a5c24ee4c 95e6 48e9 9b85 246f95591ce9D7000eb0 1104 43f5 9d34 3797b7caa805Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5 198人

北川恵海の本

星の降る家のローレン

星の降る家のローレン

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

過去と現在を宏助が繋ごうとした時。 沢山の光を集めたローレンを宏助は見つける事ができました。 しかしこれは、ファンタジーではないのです。 アダ名「ローレン」=「呂律の回らない男」の意味です。半分浮浪者のようです。 しかし、彼の描く「星降る家」は心惹かれる絵でした。 それぞれの孤独な魂が、呼び合うように出会う。それは、奇跡だと思います。 ローレンの言う光とはなんなんだろう。 私は具体的に言葉を見つけることが出来ません。 けれど、この物語を読み終えた今では、何となくわかった様な気がするのです。

7か月前

ヒーローズ!!!

ヒーローズ!!!

00d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f

泡仔

舞台が好き。本が好き

倒れたおじいちゃん。26歳でフリーター。楽しくないコンビニバイト。将来への不安。何も知らない両親。騙し続ける自分… 主人公の状況に妙に共感できてわくわくした、笑 本当にこんな会社があったら素敵だね!でも本当にいい人間じゃないとボロが出るから私は無理だね! 真面目にコツコツやってみるかなー。

約3年前

75d408dc fcea 4830 8cad 45a406228042513cf7c2 6674 4d1a a8b4 3b964f01231eIcon user placeholder 15