51se5guqxil

コミュニティカフェを開けば、イベントで人を集めれば、「場づくり」になるのか? 人が出会い、つながる「場」は、どのように立ち上がるのか? 著者自身が手掛け、... 続き

コメント

コミュニティカフェのような場所には、つながりたい人が集まります。ただ、そこに集まる人たちは、出会いたい人であるとは限らない。同じ興味を持つ2人の客が同じ時に居合わせたなら、話題を持ち出して、2人が望めば話が続けられるようにすることはある。でも紹介はしない。つながることを前提にした場はやがて、行きたい場ではなくなる。ワンデイシェフ、システ厶でうんえいされるcomカフェ。ここは余裕があってやってる人や、仕事が無くなったからここで料理を出しながら、次の展開を考えている人もいる。中間就労の場という役割もになっている。おしゃべりサロン。行くところがないと団地の中をさまようお年寄りの姿をみて、誰でも気軽に訪れることが出来る居場所を作りたいと考えたのがきっかけです。

その他のコメント

表紙のイラストレーションを担当しました
カフェ以外でも場を持ちたいなと思ってる方にとても響く本かと思います

読者

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3340d0e7d 6228 472f bea0 b932de23bc4eF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132611829ac01 29d9 47db 9328 df2b49bf1a3b 7人

山納洋の本