41hczmrawal

懐かしい町「月舟町」の十字路の角にある、ちょっと風変わりなつむじ風食堂。無口な店主、月舟アパートメントに住んでいる「雨降り先生」、古本屋の「デニーロの親方... 続き

コメント

「スープのことばかり〜」を読んでサンドイッチ屋に憧れていたのも束の間、今度はあっという間に食堂に憧れてしまった。
と、いうかそもそもこの月舟町の住人になりたいのだ。

この食堂では、誰が話そうと似たり寄ったりになる職場の愚痴や婚活話ではない、ユニークな小話が聞こえてくる。
そう、こういう会話をしたいんだ。大したことでなくていいけれど、自分しか、あなたしか語れない話を。

ユニークで不思議なんだけどすっと心に馴染んでいく。

きっとすべてありふれた言葉なのになぜこうもロマンティックだな、と感じてしまうのだろう。
果物屋の青年店主に訊いたら『それは難しい問題ですねぇ』と答えてくれるだろうか。

しばらくこの本ばかり読んでいました。哲学的だと感じたのは、私だけかな??

この本でクロケットの存在を知りました。お腹が空いた一冊。

つむじ風のように気がつけばいつも食堂に集まっていて、帽子屋さんの自論演説が始まっている。
そんな温かい空間に入れたらなぁって、何度思ったことだろう。
2代目エスプレーソも飲みたいな。

なぜか知ってるかのような感覚になる、あったかいおはなし。

どこか懐かしい月舟町を舞台に淡々と物語は進みます。劇的な展開もなければ、名探偵も登場しないけれど、登場人物はみな魅力的で、この本に浸っていると居心地がいいです。

友人からの贈り物としていただいた本。
お節介な人や、饒舌な人、静かな人、、、いろんな人が出てくるけれど、この物語の住人はみんな優しい。多くのものを持たず、望まないけれど、大切なことを知っているような人たちばかり。

そして、密かに気に入っている珈琲屋の名前がこの物語の町の名前から付けたのだそう。その店に行くと、なんとなくこの物語の登場人物のひとりになったような気がします。

古き良き昭和を思い出させるような、人と人とのコミュニケーションが温かい物語。
もう、唐辛子の話なんて笑ってしまって、その後も油揚げのこととか星一つ書いて一円報酬貰える仕事のこととかを先生と一緒に考えてしまった。
エスプレッソマシーンで雨雲を作るなんて、ロマンチックです。
そういうのがいい。

この本を読むと、頭の中に画像?というか
挿絵が浮かびます
白黒の

不思議で素敵です

月船三部作のひとつ。すごくよみやすいというか、自分にあってる。

読みかけ。

何も起こらない、温かい雰囲気に包まれた小説。食堂に行きたい。

読者

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dcF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Icon user placeholder8f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd8823e04704e 43e7 4e6c ba92 2711cef8f3186c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7b 72人

吉田篤弘の本

雲と鉛筆

雲と鉛筆

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

新書の形をしていますが、物語です。 作者がクラフト・エヴィング商會名義で作った『クラウド・コレクター』はお気に入りの一冊で、なんとなく繋がりを感じて購入。そのことについては、あとがきに色々書いてありました。 物語です。たくさんのエッセンスが散りばめられた寓話のようなファンタジーです。ありそうで実在しない街に住む、いそうでいない一風変わった男が主人公です。シンプルすぎるほどにシンプルな暮らしは、どこかに寂しさを感じます。その寂しさは馴染みのある寂しさというか…なんというか愛おしい寂しさです。たぶんそれは、物語の風景がシンプルで丁寧で、しかし一瞬のものであるという切なさに寄るのではないかと思っています。 私はこういう物語がとても好きです。 読み終わった後の静けさが好きです。

約1か月前

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a098bac1b8c 8465 4db1 b90f fd7bb37bcff9F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9
神様のいる街

神様のいる街

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

神様がいる、「神」戸と「神」保町という街において、吉田篤弘さんが、まさしく神様から『いいか、今のうちに見ておけ』とけしかけるように言われ毎日を過ごした青年記。 本との出会いのある意味、理想の一編が書かれてある。

3か月前

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832Icon user placeholder
京都で考えた

京都で考えた

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

著者らしく、話はいろいろと跳びまくるのですが、どの一節も、その考え方や事象への感覚に、思わず頷かされたりは考えてみるような感じで、警句集めいてます。1冊の分量としてはそれほど多くないのも(100ページ程度)よいところです。なんとなくいろいろ考えてみたいときに、適当なページを開いてみて、という風にして、長く長く手元に置いておくのもいいかな、と思ってしまいます。

4か月前

42657be0 84b2 49ef a881 f5122d1ec73c3e04704e 43e7 4e6c ba92 2711cef8f318Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0