61oddu7nthl

終業式の日、教室に忘れられたホテイアオイの精を助けたことをきっかけに植物と話せるようになったみつる君。それ以来つるまき町ではちょっとヘンテコな事件が起こる... 続き

コメント

コマツシンヤさんの別の本を買う予定が見つからず、こちらを購入。今夏休み期間だし、ちょうどいいかなって笑
そしたらこれが大当たり!これから先、夏が来るたびに読み返したくなりそうな1冊でした。
主人公は小学生のミツル。彼の素直でおっちょこちょいでちょっと猪突猛進なところが原因で世界がピンチに!
別にドキドキハラハラの大冒険!と言うわけではないのですが、大人の目線からだと「いいよねー、夏休み!こんな夏休みが夢だったなぁ笑」なんて思ったり。なんだかあの頃の妄想がそのまま絵になってるみたいで、とても懐かしい感じがしました笑

その他のコメント

夏休みの"わくわく感"を思い出す。コマツシンヤさんらしい少し不思議で優しい作品。

読者

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eDdd9403f f3d5 4a33 8d9e 8248de1fa986874d4fa5 381f 468b bbba b668c3c1826d8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e 5人

コミック

白米からは逃げられぬ 〜ドイツでつくる日本食、いつも何かがそろわない〜

白米からは逃げられぬ 〜ドイツでつくる日本食、いつも何かがそろわない〜

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

ドイツ在住の漫画家・白乃雪。 彼女は時々、日本食に飢えていた。 アジアスーパーで食材を購入すると、高くつく。 そこで考えた。 「◯◯を使おう」、…つまり、その食材を代替え品で補うのある。 例えば、紅生姜の代わりにガリを使ったり、小豆の代わりにレンズ豆を使ったり…。 食への悪なき探究心と斬新な閃きとが、日本食の更なる可能性の扉を開いてくれています。 実際の完成写真も載っているので分かりやすいです。 この作家さんは以前にもエッセイ漫画を描かれているので、漫画自体も面白いです。 これを読んで、日本食への愛着を今一度思い出しましょう!

約15時間前

ブルーピリオド(1)

ブルーピリオド(1)

50741ad0 65ba 405c beb6 6ecd659fb768

面白いから生きている。

学生時代に読んだら少し変わったのかな、と思ったりする。芸術志す人は勉強になるアドバイスが多々あり

約22時間前

C5c18958 4d1e 4e3a aabc cbbb089efcb0Db4ce21d 438a 41ed 9e9d c636bbdb736fD05cfa81 a8b9 4785 ac93 f938615bd171 8
ダンジョン飯 8巻

ダンジョン飯 8巻

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

皆が入れ替わるのが面白かった。 特にセンシが一人悪目立ちする設定で、…笑いました。

3日前