414s4y57wwl

ケータイ電話が日常のコミュニケーションの主流となり、現実とヴァーチャルな世界との境界がかぎりなく曖昧なものになりつつある今日、ファッション、モードの世界は... 続き

コメント

ヨウジの服もイッセイの服もわたしたちにさりげなく、だがちょっと後に引くようなおしゃべりをらしかける。

日頃思っていたことが話題になっていて、面白く読めました!

読者

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c865201fae1 0a80 44ae 8636 ca6f24bcf2fc000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdf7dafdf55 d9ec 4378 b50b bdabda53f820D449e486 2a7c 45b5 9b58 44b1be59095e9dc594a2 5123 4faf 973a e2c3338e17cf 7人

鷲田清一の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

21日前

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453 22
じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書)

じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書)

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

高校生の頃に読んだことがあり、最近読み返してみました。著者は哲学者の鷲田清一さん。ご自身の思考や実際に起きたことを材料にしながら現代社会の人間が持っている「自分」という感覚、意識に迫る本。読むと自分の中に自分や他人への窮屈な意識を持っていることに気付いてしまう。そしてこの本には自分への意識をどうすれば良いのか、楽になるのかといった明解な答えが書いてないような感じがします。なんとなくこういう感じがいいのではという提案は出てくるのですが。明解な答えを出していないからダメな本ではないです。簡単に出せない答えに近づくために色々思考、アプローチをしなければならないんだという著者の姿勢が見える。

6か月前

Icon user placeholder640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affB839f0bb b4a7 4f0a b618 c8ca8a807b06 12