51aavroqkbl

コメント

映像化もされている「ささらさや」シリーズ第二弾。
テルちゃんは、とても運がいい。この不思議な町に来て、サヤさん達と出会えた事。
サヤさん達友人の集まりは、なんだかほのぼのとしているが、決して夢物語ではない現実も、厳しくそこにはある。私には見えるけど、テルちゃんには見えない。テルちゃんに見えて私が見えないものは、作者が見せてくれた。どうしても涙ぐんでしまうのは、そういう所だろう。其々年齢でしか見えないもの、立場でしかわからない事を見せてくれる。
ささらに起きる不思議な事は「まーささらだから」なんて、ささらの住民の様に受け止めてしまって自分がいた。笑
第三弾は、不思議な赤ちゃんユウスケ君が大きくなった時の不思議な話です。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c043cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03 3人

加納朋子の本

猫が見ていた

猫が見ていた

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

猫題材の本は手が伸びてしまうよね。 猫が少し離れた位置にいたり、近い位置にいたり、と完全に猫が主役というわけでもなく、猫の位置関係がそれぞれの作者によって違い、面白かった。 「吾輩も猫である」とは逆である。 2018.5

4か月前

093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c148Ef87a4ac 97e6 4161 a5bd fc9cd6bb67eaF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 17
カーテンコール!

カーテンコール!

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

6話からなる連作短編集 萌木女学園大学に通う生徒が数人 卒業できない為に 春から半年かけて 萌木寮で生活しながら単位取得して卒業させる話 いろんな事情を抱えて留年している人ばかりで 今しかできないこと、心と体が一致しないこと、命を捨てようとすること、自分は主人公にはなれないと思っていること、病気を抱えていること、それぞれあるけど 自分の体は自分が作っているから 未来の自分に対して責任を持つべきだという理事長の言葉に確かにと納得

6か月前

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e7dde3365 4643 40e3 9ed7 37d3eb2c568eEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 10
はるひのの、はる

はるひのの、はる

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「ささらさや」シリーズ第3弾。 あの、赤ちゃんが大きくなって、大活躍。 しっとりと不思議にでもホンワカとした話しが綴られています。でも、切ない。

10か月前

不条理な殺人

不条理な殺人

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

不条理な殺人のアンソロジーなため、読後感が不条理でいっぱい。法月さんの『二の悲劇』の原型も収録されております。法月さん好きなので、この原型を読めただでも購入した価値がありました。

約1年前

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bB44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243B58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c3