41r9i2mdfil

コメント

心温まるイラストと何気ない極上の言葉が紡ぐ、読書にまつわる物語集です。
フジモトマサルさんのイラストを見て、吉田篤弘さんが文字を起こしていくバトン形式。
読書というものは、人と人とを繋ぐバトンのようなもの。
好きな作家さんはどんな人だろう?
お気に入りの本、あの子に教えてあげよう。
友人からの贈り物、本。
そうした日々が愛しくて仕方ない。
いつだって私は、本に恋をする。

その他のコメント

読者

3eb567f1 9fa4 4bed 83a5 b8c0e6cd556e06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb676c5c4c7e 0584 4b13 a229 f2869ec90885000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d82b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b03487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209fA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88 29人

吉田篤弘の本

おやすみ、東京

おやすみ、東京

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

深夜1時に、さまざまな人のもとに些細なできごとが起こり、そしていつの間にか皆がつながってゆく。東京だったらこういうことも起こるのかなあ、でも(私の住む街は人が少ないからともかく)あれだけ人が多いとそうは起こらないよなあ…と思いつつ、ではどこに話が収束して終わるのかなあ…と、ここちよい困惑が楽しかったところです。 1度に読まないと、この登場人物って何をしてる人なのか、わからなくなりますね。それより著者としては、「その情報は、作中世界の理解に重要じゃない」と思ってるからこそ、そのあたりを伺わせることまでほとんど明記していない。その気持ちはわからなくはないものの、私には人の区別がつかなくなってしまうんです(特に女性陣)、おおよその年齢すら全くわからないと…。

約2か月前

F5fa4a1e 794c 4d04 b989 47afc9e2337984bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae76c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7b
パロール・ジュレと魔法の冒険

パロール・ジュレと魔法の冒険

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

魔法、冒険から浮かぶファンタジー世界を想像して頁を開くといきなり裏切られて思わずニヤッとしてしまう。 登場人物、物、街、空気…すべてが欠かせないのだと読み終えてわかる。 吉田さんに操られた言葉、声は美しい。 煌めいた鮮やかさではなく、少しだけ寒い冬の明け方の様な世界。 パロールジュレがたくさん見つかりそうな…。

3か月前

8f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd8825cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc22293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d
ブランケット・ブルームの星型乗車券

ブランケット・ブルームの星型乗車券

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

今年の春くらいに読んだ本。 風変わりで魅力的な街と人々。風変わりなのにどうしてかホッと安心してしまう世界。 寒くなってきたからまた読み直すのもいいかも。

4か月前

871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 15