Btn appstore Btn googleplay
41o %2bqultdl

【文学/日本文学評論随筆その他】デビューから現在まで各紙誌に書いてきたエッセイを一冊にまとめた決定版。小さな頃の思い出から、影響を受けた本や音楽、旅先での... 続き

コメント

0179
2020/02/06読了
最近のことから子供の時のことまで、作家というのはこんなにも覚えてるのかと…。そしてそれを言語化できるのもすごいなあ。さすが。
いい感じの趣味やバスの自意識過剰、算数苦手人間など、わかる!という話もあって面白い。走らせてる人たち論争とか。まさにとなりの脳世界にもこの世界はあったのか!と。
「誓いの色を着た日」も好き。芥川賞受賞にそんな舞台裏があったとは。
著者による本文イラストがゆるくてかわいい。

わかる、わかるが其処彼処に。年齢忘却の日々、旅行用のすごくいい袋、など。着ない服愛好会、朝酒の会、参加したい。
幼い頃の違和感や思い出を的確に言葉にできる人だなぁ。

読者

Icon user placeholderE29b7181 6c2e 4dfd 934c 787f314924e30023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cB17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f69e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c97ace1e7d d5c0 4e09 9f65 1a206cd69d83D475a477 8578 4ee3 863b 5a9db0011a7d 15人

村田沙耶香の本

変半身

変半身

26d6d996 bc9a 4c44 b38d 5a85a6a7d57e

ナオテン

30にして読書に目覚める。

世界を皮肉的に見る事は誰にでもあったのではないかと思う。 その究極はニンゲンを辞めるという事になるのかなぁと。 でも、それが出来る人は選ばれた人だと思う。言い方が悪いが狂うしか方法がないかなぁと。 集団心理で、最後の場面に自分がいたら… 小さく声を出すのだろうか? そして、急展開をする要因になる人が人格が変わったと思うのだが、これは…。 復讐なのか?金儲けか? 村田さんの作品はいつも余韻が後味悪く残るが、それが魅力の1つになってるのかも。 村田沙耶香作品を読む前の気持ちは、ホラー映画を見る前の気持ちに似てる。

25日前

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e38713259c65d18 a9d2 457c be9b 858fe719c5bdFa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae2
生命式

生命式

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

今の常識を超える12のストーリー。 共感できないが、何故か近未来を予感させる。とはいえ、最後の孵化で語られるコミュニティごとに違う、コミュニティが作る多様なペルソナは、現実にいくらでもある。自分も他人も多面あること、心に留めておきたい。

4か月前

Aa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696Icon user placeholder9tzs3v3v normal 15
ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

1年前

24cd8fe5 25b2 4418 9d91 f795c5903414F5033446 4ee0 4d14 a715 f7ee1a7e7c6aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0