41qpow59tal

昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長男アキラが誕生し、家族三人の幸せを噛みしめる日々。しかしその団ら... 続き

コメント

「なんぼ雪が降っても、それを黙って、知らん顔して呑み込んでいく海にならんといけん」

親になったとき、また改めて読み直したくなる本

何度も読んだ。
あらすじも把握している。
それでも毎回同じところで目頭が熱くなる。
そんな本。

温かく、とても温かい親子、家族の話です。

自分は娘一人なのであまり感情移入はできなかったが、息子がいる男親には響きそう。

父一人、子一人。懸命な生き様に感動します。映画もよかった!

母親ではなく父親に読んでもらいたい。遠く離れてくらしている父の心の中を少し見ることができた気分です。

私が読んだ後、父に贈りました。
やはり親子ですね、父は私と同じで泣き上戸みたいです。

家族が出来た人に是非送りたい一冊。子供も大人もお互いの気持ちがわかる物語です。

親父の不器用だけど直球の愛。
ドラマも堤真一さんが父親役で大好きな作品。私のお父さんにも読んでほしいな。

お父さんが素敵です

雪の降り付ける海岸で和尚とヤスと息子のアキラでのシーンが印象的でした。

超感動涙腺崩壊と聞かされて読んだけど全然泣けなかった。
いい話だけどね

これは泣ける。本当に泣ける。大切なものは何かを再認識させてくれる。

読者

0849169a 2b3a 4312 b08b e049c31acb87C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af5D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0Icon user placeholder22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1F95747af 6f84 4551 9f69 70fc994d100386282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518 60人

重松清の本

どんまい

どんまい

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

一人一人が人生の主人公であることを思い出させてくれた。 洋子のもと夫は許せないけれど。

2か月前

C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d93c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b8583915fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
きみの友だち

きみの友だち

67ef9872 8f01 4ff3 a118 8f44c49b5d2e

nancy705

あまりにも本を読んでこなかったの…

1話1話大事に丁寧に心をフラットにして読みました。この年頃、自分のあの頃がリンクする。目の前の事しかみえなくて、ちっぽけなことを精一杯悩んで。わけもわからずイライラして。友達とのいざこざは形は変われど今も昔も変わらない。そしていつか人は成長する。誰もが通ってるんだよこの時間。大人になっても忘れないでって怒ってばかりの大人に言いたい。

2か月前