41qpow59tal

昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長男アキラが誕生し、家族三人の幸せを噛みしめる日々。しかしその団ら... 続き

コメント

私が読んだ後、父に贈りました。
やはり親子ですね、父は私と同じで泣き上戸みたいです。

その他のコメント

「なんぼ雪が降っても、それを黙って、知らん顔して呑み込んでいく海にならんといけん」

読者

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0Icon user placeholder22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1F95747af 6f84 4551 9f69 70fc994d100386282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c5189ce5703d 5f6d 45e1 802b 7c5b0aef6669761cc491 2dfa 46e5 bfb1 d5fbcaec9228F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037 58人

重松清の本

送り火

送り火

Cc841888 d781 4e59 9578 49d990362871

なるぴ

29歳の男です。

たまに思い出すんだけど、重松清の 送り火 って本がすげえ泣けたんだ。短編集で、中でも遊園地で親の写真撮るシーンがあってそれを思い出すたび泣きそうになる。今も。 いつも主人公のことを撮ってくれた両親。普段撮ってばかりだから撮られる側になると写り方も慣れてなくてぎこちないんだけど、でも楽しそうにしていて、写真も忘れてはしゃいでる、そんな姿を目に焼き付ける。 自分だと恥ずかしくて中々…… 時間があるうちに記憶に焼き付けとかないとだめだな。 親とはうまくしゃべれないし変な力が入ってしまう。いつもイライラしてしまう。だけど親に嫌われたいのかといったらそんなことなくて、だからやっぱり親のことは好きなんだと思っている。

約2か月前

533fd91e 903b 4ff6 bc8a fb0fb706323bC8ceef1d b65b 4bc4 ab62 7242670cb8de5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 8
疾走

疾走

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0072 2018/10/19読了 上巻だけでもう人生のどん底…。暗い…重い…。 家族や周りが崩壊して、ついに自分も崩壊したシュウジがこれからどうなっていくのか…下巻を読むのが楽しみだけど怖い…。

5か月前

Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e18b38e142 d5a0 4671 b36a 5286c2c0394aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 31