51aadyg1ptl

亡き父の後を継ぎ、万病に効くお灸「天祐子霊草麻王」を行商する「わたし」は、父の残した顧客名簿を頼りに日本海沿いの村を訪れる。土地の老人達、雑貨店のホットパ... 続き

コメント

短編2つからなる構成

題名と装丁と作品内容との関連性を見つけることができなかった、、、

その他のコメント

読者

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfFe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa430de2297 7066 406c 99a5 792b2dd0689c 3人

戌井昭人の本

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち

文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @s…

めちゃめちゃ面白かった… 「しびれる」言葉がいっぱいだった。 翻訳というのは本当に創意工夫に富んだ行為なのだなぁ。 ついついストーリーだけを読み取りがちになってしまうけど、元の文章は?どう翻訳されているのか?リズムのための工夫は?などにも注目したらもううっとりするくらい文章って魅力的。 言葉は面白い。文章は面白い。 もっともっと文章が読みたい。

12か月前

A971fc21 d0fd 4075 91fc eb1e666a4995A0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e11736f417 e343 4c8a b171 c664e6727679 11
12星座小説集

12星座小説集

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

蠍座、B型、女、(長女)。 この共通点がある人とは、会ってその日に何とも言えない通ずるものがあって、しばらく連絡をとっていなくても、急に思い出して無性に会いたくて話したくて堪らなくなることが多い。私の場合。厄介者同士か。 単に産まれた日によって分けられる星座、だけれど、人間も動物で、星か宇宙かなにかそんな壮大なものの影響は確実にあると思う。 それぞれの星座にまつわる物語を、自分の生まれの星の作家が綴るアンソロジー。姫野カオルコが乙女座、と知っては〜ん、さすが、裏切らない、と唸ってしまった。 ちなみに、蠍座の物語、書き出しがすごく好き。

1年前

136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730feFe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa475e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03