51ztykb3wvl

発行元から

災害時、ペットと生きのびるためにしておくこと

防災に関する書籍は多く出版されていますが、「ペットと防災」に関する類書はほとんどありません。

今後南海トラフ大地震の発生も予想され、今や日本全国安全な場所はありません。過去の地震で、避難所はペットの受け入れ体制は万全でなく、飼い主とはなればなれになった事例も多くありました。

ペット同行可能だったとしても動物の鳴き声、におい、アレルギーなどでトラブルが相次ぎました。そんな状況を避けるため、飼い主が普段からしておかなければならないこと、心構え、飼い主自身が助かるための発災時の状況別行動パターンや、様々な避難方法、パニック猫の起こりやすい症状とその対処法を具体的に解説。再建に向けてペットとどう歩んでいったらよいかまでを、体験者の声を交えて提案します。さらに行政の取り組みを取材、多角的に災害時の対処法を示します。

監修は熊本地震を体験した德田竜之介獣医師。災害に備え、マグニチュード9にも耐える動物病院を建設し、発災直後からペット同伴避難所として病院を開放、ペットの同伴避難を訴え続け、環境省のガイドライン作りにも協力しています。自身の経験を踏まえ、災害とどう向き合うべきかを総合的に監修いただきます。

目次

1部「もしもに備える」・ねこの防災「かきくけこ」・体験談

2部「実際に被災したら」・あらゆる災害に備える・パニック猫の行動パターンとその対処法・被災時の状況別対応(3パターン)・被災時猫とはぐれてしまったら・災害時応急措置・避難生活(4パターン)・復興に向けて・わたしたちにできること・行政の取り組み・体験談

3部「熊本地震を経験して」・ドキュメント竜之介病院の1か月・うちのコ情報・チェックリスト

新刊

フーガはユーガ

フーガはユーガ

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

約14時間前

6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b15d87be5 7429 4862 b4af 898ad19af76dB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947 22
現代語訳 賤のおだまき: 薩摩の若衆平田三五郎の物語

現代語訳 賤のおだまき: 薩摩の若衆平田三五郎の物語

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0083 2018/12/11読了 現代語訳が分かりやすくて面白かった。 注釈も同じページに書いてあるのでよい。 お話自体は短いので読みやすい。 でもあっさり死んでしまってびっくり。 本編ももちろんだけど、解説も面白かった。女性の表現活動の歴史についても興味を持った。

約15時間前