41vqcbog3zl

"女性の生き方"問題の第一人者たちも絶賛した元本を大幅増補・改題し文庫化!「心の穴」と「自己受容」をキーワードに、なぜ楽しいはずの恋愛が苦しくなるのか、の... 続き

コメント

恋愛のつまづきのすべては辿って行くと一箇所に。

心の穴と自己受容。わかったようで、どうするかは難しいけど一歩変われる気がする本。

開けてびっくり、50代のAV監督が著した、いい恋愛が出来ないと思っている女性に向けて書かれた、あるいみ女性を洗脳してるタイプの男性が書きそうな卑怯なニヒリズム本。といいつつ私も騙されたんですけども。インチキ自己肯定の話には「あるある〜!」と納得。そんな私もまずは自己受容。

人生の愛読書になりました。
それくらいつまっている本

昔の自分を供養したくなる本。自分を愛そう!!!!

モテキに激しく心を揺さぶられた人におすすめする。

読者

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bIcon user placeholderB828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc190cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a43a8ebab 3fdc 430e a11a d82d8e82047aD92a1ae4 d472 41b6 a950 4be46f629879Ede48896 9075 4d84 b1c1 5d6b65178416 22人

二村ヒトシの本

たたみかた 第2号 男らしさ女らしさ特集

たたみかた 第2号 男らしさ女らしさ特集

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

三十代のための新しい社会文芸誌とあるが、年代問わず惹かれる本じゃないかなぁ。 生きていく上でこの上なくやっかいな「怒り」という感情にどう向き合えばいいか、いくつかの指針があった。 そのどれもが、ある意味、そうだよなぁとしみじみ思いながらも、いやいやそんなことは知ってましたよと虚勢を張りたくなるもの。 それにしても、怒りとは快楽であるとは、達観だ。快楽の海で溺れないようにしよう。

8か月前

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca1419463565a f6ea 40bc 93dd 4b4775f32cc7