61nemgdwxul

コメント

お金の動きが「なめらか」という描写は面白い。こうと決まった社会を生きるのはある種楽かもしれない。ただ、テクノロジーが、凝り固まった社会をほぐすというか。小さくも血の通った経済圏が、「これでいい」ではなく「これがいい」を選べるトリガーになりそうな予感。ますます、どう生きたいかが問われることになるも、楽ではないが楽しくなるという期待感がある一冊。

読者

C9341471 f9e0 4aac 89c3 0dc8d8a39c4792657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65eC3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d306b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc166afdbf b1c1 4727 90ca bf926c19b3001c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a89bcf1d24 14bb 4deb bda4 1a2d15d743f8 13人

家入一真の本

我が逃走

我が逃走

E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2

中村晴子

娘2人

タイトルが秀逸。ここまで弱みを見せられるところが、何よりこの人の魅力なんだなぁ、と。

約3年前

1dfbd2da 88a3 463d abad bfdd2efdf1fdEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fIcon user placeholder 13