51p4nfzndul

ふたりの母親とふたりの子ども。偶然の出会いからはじまった“タカシマ家"。特別なようでいて、どこにでもいる一家が歩んだ十六年間の軌跡。喜びと悲しみに彩られた... 続き

コメント

普通の家族以上の繋がりがある家族のお話。お互い認め合い、でも、世間的には不自由だったり。

いつか、いろんな愛のかたちを、当たり前のように受け入れられる世界になれば良いな。少しずつ理解がされつつあるけれど、まだまだ、本当にまだまだ。愛することに、葛藤や躊躇がなくなる日が、近い将来訪れますように。

読者

095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fIcon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a7455888e d3d0 45b3 b8b8 3cf7b34fe158Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97785cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554Picture 10人

小川糸の本

ツバキ文具店

ツバキ文具店

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

ドラマを見て読みたいと思っていた。思った以上に、穏やか。鳩子の代書屋としての成長、先代への想いの変化が緩やかに書かれている。糸さんらしく美味しい食べ物もたくさん出てくるので、お腹がすく。

3か月前

83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6cE16666f8 33ff 4ab6 bc24 b6bc700ac78c4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f 33
ファミリーツリー

ファミリーツリー

7654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1f

きなり.

こころがふくふくするような物語が…

こころが、とってもじんわりこ。なんてあったかいお話なんだ。 読み終わると、おばあちゃんに会いに行きたくなった。 しばらく会ってなくて、「会いにいくのはそのうちでいいや」とか思って過ごしてたけど、今すぐにでも会いたいきもちになったよ。 そして、おばあちゃんを想うと泣きそうになった。 おばあちゃんがいて、おじいちゃんがいて、だからわたしの両親がいて、ふたりが愛しあったから、わたしがいて。 そんな、当たり前だけど当たり前じゃない、奇跡みたいなものを感じてドキドキした。 そして、土地に根付いてるものや季節を大事にすること。 わたしのいまの生活では、それってなかなか難しいことだけど、でもそういうのを大事にしようという気持ちを持っていたいな。 ファミリーツリーのいちばん下っ側にいるわたしから、新しい命がまた続いてゆくんだなぁ。 とってもすてきな奇跡。

4か月前

ミ・ト・ン

ミ・ト・ン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

各国それぞれにいろんな風習や考えがあって 本書はラトビアという国がモデルになっていて 国の全ての人がいろんな場面でミトンをはめている 女性が編み 旦那さんや両親や親戚、はたまた近所の人にまで 作ってプレゼントする 日本でいう八百万の神と同じで 物にもその辺にある石にも全てのものに神が宿っているという考えから ミトンに願いを込めて神の模様を編み込んだりしている 物があまりなくても心豊かに過ごせるのは 神への信仰や感謝の気持ちがあるからでしょうか

5か月前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholder1781d650 04da 4cd9 aa09 65a6ffb17b1b 23
卵を買いに

卵を買いに

6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd

現代小説、エッセイ、詩歌を中心に…

素朴であたたかみのある表紙と気になる帯に惹かれて購入。度々挟まれる政治色のつよい文章に予想していなかったため少し身構えてしまったが、可愛い犬のゆりねちゃんと、ページから美味しそうな香りのするごはんのエピソードには大変癒され、そして腹ぺこになってしまった。ゆりねバーグ、気になる木……。

6か月前