51quiiobjrl

あの夜、同級生と思しき見知らぬ男の電話を受けた時から、私の戦いは始まった。魅力の塊のような彼は、説得力漲る嘘をつき、愉しげに人の感情を弄ぶ。自意識をずたず... 続き

コメント

自分の思い通りになってると思い込んでるエゴイズム。

とにかく読んでいて気持ち悪かった。女なんて何でもかんでも自分の思い通りに行くと思っている男達。そんな男に自分から騙されて上げてるんだと思い上がってる主人公。娘は自分たちの言う事を何でも聞くと思い込んでいる親達。みんながみんな、世界は自分中心で回ってると思い込んでるのではないだろうか。登場人物のエゴで成り立っている作品のように感じた。気持ち悪く感じはしたが、嫌いな話じゃない。笑

この男より優位に立つその一瞬のために。

読者

5b7bf8af a562 41ac 9a73 a75603f776fcBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b0824a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c00c9dbaa 548b 4bb2 8b88 323e57910ea2A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b6D85d075a 8dab 404d af19 a127dafa8fc1 10人

本谷有希子の本

ぬるい毒

ぬるい毒

Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f

すずき

コーヒー中毒です。読むのは遅め。

言葉、言い回しがよく止まらなくなった。 ただ終盤理解出来なかったのでもう一度読む。

約2年前

C1710e8a cc07 4173 af8d 397027d5c81c705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10
グ、ア、ム

グ、ア、ム

A1ccbde9 1dbe 4188 b746 dee42e870967

乙無涼

主に文芸専門。

いいことなど一つもない母娘3人でのグアム旅行。姉と妹の対立甚だしい旅行だが、読者側としてはなぜだかくすっと笑わせられる。母・姉・妹それぞれがそれぞれの思いを抱きながら3日過ごしたグ、ア、ム旅行。あれほど仲良くして欲しいと思っていた姉妹がいざ本当に仲良くし始めると、母はなんだか気持ち悪くなる。3人の関係は、今の3人の関係のままが1番自然で、均衡が保たれてるのかもしれない。元は一緒にいることが当たり前だった家族が煩わしくなり、一緒にいるとストレスを感じるようになるのはいつごろからだろう。久しぶりに家族団らんがしたくなる話だった。

約3年前

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e5192c66473 20f0 41e0 8089 c95635a667ca